【疑問解決】気になる飛行機の発電能力

【1950年代】P&W J52 コンプレッサーブレード|A-4スカイホーク

JT8Dのベースにもなった1950年代生まれのP&W J52 ターボジェットエンジン

P&W J52は、推力 10,000 lbf(4.5トン)クラスとして、1950年代後半にアメリカ海軍向けA-6(イントルーダー)・A-4(スカイホーク)用として開発されたエンジン。

1955年の初運転から62年が経過した2017年時点においても、A-4やEA-6Bの推進エンジンとして稼働している。

今回は、A-4(スカイホーク)で活躍したP&W J52-P-8 エンジンの低圧コンプレッサーブレード 3段目を紹介します。

 

A-4スカイホーク

A-4 CVA-63 Mar1966USN, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で

ダグラス A-4(スカイホーク)は、F-4ファントムⅡの半分のペイロード(兵装)が搭載可能で、製造コストは約1/4という軽量戦闘機として開発された。

初飛行は1954年6月。当初はJ65エンジンを搭載していたが、A-4E以降はP&W J52エンジンに換装。アメリカ海軍・海兵隊向けに開発された戦闘機だったが、後に様々な国に採用されている。1954年から1979年までの間に製造された機数は約2,960機に達した。

ベトナム戦争やフォークランド紛争、中東戦争などの任務に就いたが、2000年以降はアメリカを含めほとんどの国で退役している。

 

P&W J52エンジン

J57/JT3Aの推力低減 派生型として開発されたJ52は、 推力 10,000 lbf(4.5トン)級のターボジェットエンジンとして1955年に初運転した。

スカイホークやイントルーダーといった、1960~70年代に活躍した軽戦闘機用エンジンとして採用されたことで、製造数は5,000台を超える。初運転から62年が経過した2017年時点においても、一部のA-4やEA-6Bの推進エンジンとして稼働しているものもある。

軸流タイプのターボジェットエンジンとして設計されたJ52は、低圧圧縮機 5段・高圧圧縮機 7段・カンニュラ燃焼室・高圧1段 低圧1段のタービンで構成されている。

低圧圧縮機 1~3段目までは、ブレードの振動防止や異物突入時のダメージ軽減を目的に小さなスナバ―(突起物)が付いいる。

また、J52は民間用JT8D(B727/B737)のベースにもなっている。

 

J52-P-408J79-IHI-17F100-PW-220E
形式ターボジェット
エンジン
ターボジェット
エンジン
低バイパス比
ターボファン・エンジン
最大推力5,084 kgf5,404 kgf6,500 kgf
アフターバーナー時なし8,100 kgf10,570 kgf
燃料コントロールアナログ制御アナログ制御デジタル制御
構成
圧縮機低圧 5段
高圧 7段
軸流17段ファン3段
高圧圧縮機10段
タービン高圧 1段
低圧 1段
3段高圧2段
低圧2段
全長3.0 m5.3 m4.85 m
直径0.96 m1.0 m1.18 m
エンジン重量1,052 ㎏1,748 ㎏1,476 ㎏

 

J52 低圧圧縮機 3段目

P&W J52 

J52-P-8

Compressor Blade Stg 3

 

 

オブジェ加工された展示用だったため、根元にスクラップ処置(穴あけ)が施されています。

今から66年前に設計されたスナバ―形状。現代の大型エンジン(B767など)のファンブレードにも似たような形状が採用されている。

ブレードサイズは14㎝ X 3.5㎝ 重さ60グラム

 

昔から変わらないスナバ―の形状

旅客機に装備されているターボファン・エンジン。現代はワイドコードへ移行しているが、旧式のターボファン(CF6シリーズ・CFM56-3・JT9D)には、今回紹介したJ52と同様のスナバ―がある。今から70年程前に設計された形状が現代まで受け継がれている。初期設計が大切という理由がここにもある。

B767/B747-400用 P&W PW4000エンジンのファンブレード(スナバ―形状)

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »