【B737-800】コックピットの突起が意外な効果

【JAL】ボーイング B777-200ER 機体スペック

JAL B777-200ERについて

・2000年、JALは国際線 300席クラスで活躍していたMD-11 (3発エンジン機)の後継機として、国内線で活躍中のB777の長距離型 B777-200ERの導入を決定。

MD-11と比較してB777-200ERは、座席数・航続距離ともに上回り、運航コストも同等という極めて高性能なハイパフォーマンス機で、双発機でありながら太平洋横断という長距離洋上飛行も可能な機体。

これまで3発エンジン機で就航していた路線の全てを双発機でカバーできることから、JALはDC-10/MD-11 両機の退役を決定。これにより3発機の時代は幕を閉じ双発機の時代へとシフトした。

 

主要スペック

スペック777-200
全長63.7m
全幅60.9m
全高19.7m
座席数(3タイプ)236席・245席・312席
機内仕様:W61/W62ビジネス:42+プレエコ:40+エコノミー:154席
機内仕様:W51ビジネス:56+プレエコ:40+エコノミー:149席
機内仕様:W63/W64ビジネス:26席+エコノミー:286席
機内Wi-Fi一部の機体で利用可
巡航速度M 0.84(905km/h)
航続距離14,316 km
最大離陸重量294.8トン
最大運用高度13,100m
エンジン型式GE90-94B
エンジン推力42.5t×2基
最大搭載燃料171,160 リットル
初飛行年1996年

 

保有機数

保有機数(2019年現在)計11機

機体番号一覧

2020年版【日本の旅客機】全681機 レジ番号一覧リスト|スマホ対応

エンジン スペック

エンジン型式GE90-94B
最大推力42,540 kgf
ファン直径3.1 m
ファンブレード枚数22枚
ファン形状ワイドコード
運用開始2000年

 

燃費性能

燃費性能777-200ER
消費燃料(1時間あたり)約7,760 リットル
燃費効率(1座席/100kmあたり)2.9 (リットル/1席/100km)
標準座席数301席
最大航続距離14,316 km

※当サイトが独自に調べた内容(公式の情報ではありません)

シートマップ

【JAL】B777-200ERのシートマップ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »