【JAL】ボーイング B777-300ER 機体スペック

JAL B777-300ERについて

・世界的に飛行機の双発化が進んだ2000年、多くのエアラインが3発または4発エンジンの機体を双発機に置き換える中、JALも老朽化が進むB747クラシックの後継機としてB777-300ERを発注。

JALがB777-300ERのローンチカスタマーとなり開発がスタート。初号機の2機は、ボーイングの型式証明プログラムに使用された機体がそのまま導入された。(テストプログラム1号機がJA732J、2号機がJA731J)

機内は3クラス300席、航続距離は14,000km以上の性能を持つ世界最大の双発ジェット機 B777-300ERは、B747クラシックだけでなくB747-400の存在まで脅かす存在となり世界の空を大きく変える結果となった。

導入初期のB777-300ERは主にヨーロッパ線を担当。北米線を担当するB747-400と共存する形だったが、20%も燃費の良いB777-300ERは次第に北米路線へも投入されB747-400は退役されることになった。

 

 

主要スペック

スペック777-300ER
全長73.9m
全幅64.8m
全高19.7m
座席数244席
客室仕様:4クラスファースト:8席、ビジネス:49席
プレエコ:40席、普通席:147席
機内Wi-Fi利用可
巡航速度M 0.84(905km/h)
航続距離14,340 km
最大離陸重量340.2トン
最大運用高度13,100m
エンジン型式GE90-115B
エンジン推力52.4t×2基
最大搭載燃料181,280 リットル
初飛行年2003年

 

保有機数

保有機数(2019年現在)計13機

 

エンジン スペック

エンジン型式GE90-115B
メーカーゼネラル・エレクトリック
最大推力52,354 kgf
ファン直径3.2 m
ファンブレード枚数22枚
ファン形状ワイドコード
運用開始2003年

 

燃費性能

燃費性能777-300ER
消費燃料(1時間あたり)約9,470 リットル
燃費効率(1座席/100kmあたり)2.9 (リットル/1席/100km)
標準座席数365席
最大航続距離14,340 km

※当サイトが独自に調べた内容(公式の情報ではありません)

シートマップと機内の雰囲気

【JAL】B777-300ERのシートマップ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »