【KADENA AIR BASE】⇒ HPCON Level "C"

【JTA】JA01RK B737-800 機体スペック情報

JTA:JA01RK について

・JTA(日本トランスオーシャン航空)の主力機として1994年から活躍していたB737-400の後継機種として導入されたのが、最新技術と安全性を兼ね備えたB737-800型機だった。

B777の計器配置が採用され自動化が進められたコックピットは、人間工学的に洗練され世界中のエアラインで高い評価を受けていた。

また、エンジンに関しても既存のCFM56-3C1を大幅に改良した、低燃費・整備性・運航の面で大変優れたCFM56-7BEエンジンが 採用されている。

JA01RK 機材履歴

JA01RKの履歴

  • 2016年1月:新規登録
  • 2016年2月10日:就航開始(那覇ー福岡 NU050便)
  • 2016年2月14日:ウイングレットに『ヤンバルクイナ』をペイント
  • 運用中

JA01RK 機体情報

Boeing 737-800:JA01RK
エアライン日本トランスオーシャン航空
型式Boeing 737-8Q3
機体番号(レジ)JA01RK
登録日2016年1月

737-800 機体スペック

Boeing 737-800
全長39.5m
全幅35.8m
全高12.5m
座席数165席
クラス
(国内線)
クラスJ:20席
普通:145席
機内Wi-Fi利用可
巡航速度M 0.78(840km/h)
航続距離2,010km
最大離陸重量68.0トン
最大運用高度12,500m
エンジン型式CFM56-7B24E
エンジン推力10.8t×2基
最大搭載燃料26,000 リットル
登録日2016年1月

エンジン諸元

エンジン型式CFM56-7B24E
最大推力10,800 kgf
(24,200 lbf)
ファン回転数 (N1)5,175 rpm
コア回転数 (N2)14,460 rpm
バイパス比5.3
全体圧力比32.6
ファン形状ワイドコード
ファンブレード
ブレード材質チタン合金
(Ti-6Al-4V)
ブレード枚数24枚
ファン直径1.55 m
全長2.50 m
重量2,377 kg
型式証明2011年

・JTAが導入したCFM56-7BEエンジンは、2011年に新しく改良プログラムが導入された新仕様のエンジン。

 

主な改良点は、3Dエアロ翼及び漏洩を抑えた効率的な圧縮機、高圧タービンの空力性能・耐久性の向上、低圧タービンの新設計など、多数のコア・アップグレード・プログラムが盛り込まれた。

 

この改良によって、CFM56-7BEは既存のCFM56-7Bエンジンに比べて、メンテナンスコストは4%の削減、燃費も2%改善したハイパフォーマンスエンジンへと進化した。

燃費性能

Boeing 737-800
消費燃料
(1時間あたり)
約3,780
リットル
燃費効率
(1座席/100kmあたり)
2.7
(リットル/1席/100km)
座席数165席
最大航続距離5,665km

※燃費はカタログ値です。(公式の情報ではありません)航空機の燃費は飛行高度・気象状況・乗客数など様々な要因で変化します。

【JTA】B737-800のシートマップ

【JA01RK】シートマップ:V35

JTA公式サイトからお借りしました

エアライングッズ

【JTA】に関連するグッズ

【Boeing 737】に関連するグッズ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »