【スカイマーク】ボーイング B737-800 機体スペック

スカイマーク B737-800について

・2005年、羽田空港の発着枠を利用して路線拡大を目指すスカイマークは、これまで運航していたB767-300ER(300席クラス)に代わり小型で機動性の高いB737-800の導入を決定した。

小型のB737を活用することで、羽田・神戸・茨城を中心とした路線ネットワークを展開、大手より安い運賃を提供することでスカイマークの認知度が大幅に高まった。

初期に導入されたB737-800 6機にはウイングレットが搭載されていないが、7機目からは現在主流のブレンデット・ウイングレットが装備された。

この装備によって1850km以上飛行する航路では、燃費が約3.5~4.0%も向上するという効果がある。

19機目以降は、B777と同様のスカイ・インテリアという内装が採用されたことで、明るく快適性の高い機内となっている。

 

主要スペック

スペック737-800
全長39.5m
全幅35.8m
全高12.5m
座席数177席
クラス普通席:177席
機内Wi-Fi利用不可
巡航速度M 0.82(834km/h)
航続距離5,665km (カタログ値)
最大離陸重量68.0~79.0トン
最大運用高度12,500m
エンジン型式CFM56-7B26
エンジン推力11.7t×2基
最大搭載燃料26,000 リットル
初飛行年1997年

 

保有機数

保有機数(2019年現在)計27機
国内線仕様機27機

 

エンジン スペック

エンジン型式CFM56-7B24
最大推力10,800 kgf(10.8t)
ファン直径1.55m
ファンブレード枚数24枚
ファン形状ワイドコード
運用開始1997年

 

燃費性能

燃費性能737-800 (標準仕様)
消費燃料(1時間あたり)約3,780 リットル
燃費効率(1座席/100kmあたり)2.7 (リットル/1席/100km)
座席数162席
最大航続距離5,665km

※当サイトが独自に調べた内容(公式の情報ではありません)

シートマップと機内の雰囲気

【スカイマーク】B737-800のシートマップ

スカイマーク公式サイトからお借りしました

【スカイマーク】機内シート

スカイマーク ONLINE – OFFICIAL GOODS SHOP –

ヒコぐま

公式ショップには、数量限定のモデルプレーンやオンライン限定の商品が販売されているよ!
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »