那覇空港発着 路線バス情報

【今どこ】JTA (日本トランスオーシャン航空) 機材一覧・運航状況・スペック

JTA_737-800_スペック

日本トランスオーシャン(JTA / NU) 737-800の機材一覧(13機)、現在の運航状況、座席仕様・スペックについて紹介します。

機体番号の横にある「◆」をタップすると、現在の飛行状況が確認できます。

 

JTA 737-800 機材リスト


リスト内の「◆」をタップすると飛行状況が確認できます。

BOEING 737-800(13機)

機体番号 飛行状況 型式 エンジン 登録日 備考
JA01RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2016/01
JA02RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2016/07
JA03RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2017/01
JA04RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2017/05
JA05RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2017/09 ジンベエ
JA06RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2017/12 さくらジンベエ
JA07RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2018/03  
JA08RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2018/05  
JA09RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2018/09  
JA10RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2018/10  
JA11RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2018/12  
JA12RK 737-8Q3 CFM56-7BE 2019/01  
JA350J 737-846 CFM56-7B24E 2013/09 JALから移籍

 

座席仕様:【 73H 】

V35(国内線仕様:165席)

BOEING 737-800 クラスJ 普通席
座席配置 ■■ ■■■
■■ ■■■
■■ ■■■
■■■ ■■■
■■■ ■■■
■■■ ■■■
配列 AC HJK ABC HJK
座種 1~4列 7~31列
座席数 20席 145席
非常口座席 14、15列
主翼席 12~19列
リクライニング不可 13、14列
窓なし席 10A
PC電源 利用不可
機内Wi-Fi 利用可能

 

JTA 737-800 スペック

機体

Boeing 737-800
全長 39.5m
全幅 35.8m
全高 12.5m
座席数 165席
クラス
(国内線)
クラスJ:20席
普通:145席
機内Wi-Fi なし
巡航速度 M 0.78(840km/h)
航続距離 2,010km
最大離陸重量 68.0トン
最大運用高度 12,500m
エンジン型式 CFM56-7B24E
エンジン推力 11.9t×2基
最大搭載燃料 26,000 リットル

・CFM56-7BEエンジンは、2011年に新しく改良プログラムが導入された新仕様のエンジン。

 

主な改良点は、3Dエアロ翼及び漏洩を抑えた効率的な圧縮機、高圧タービンの空力性能・耐久性の向上、低圧タービンの新設計など、多数のコア・アップグレード・プログラムが盛り込まれた。

 

この改良によって、CFM56-7BEは既存のCFM56-7Bエンジンに比べて、メンテナンスコストは4%の削減、燃費も2%改善したハイパフォーマンスエンジンへと進化した。

 

エンジン諸元

エンジン型式 CFM56-7B24E
最大推力 10,987 kgf
(24,200 lbf)
ファン回転数 (N1) 5,175 rpm
コア回転数 (N2) 14,460 rpm
バイパス比 5.3
全体圧力比 32.6
ファン形状 ワイドコード
ファンブレード
ブレード材質 チタン合金
(Ti-6Al-4V)
ブレード枚数 24枚
ファン直径 1.55 m
全長 2.50 m
重量 2,377 kg
型式証明 2011年

燃費性能

Boeing 737-800
消費燃料
(1時間あたり)
約3,780
リットル
燃費効率
(1座席/100kmあたり)
2.7
(リットル/1席/100km)
座席数 165席
最大航続距離 5,665km

※燃費カタログ値(公式の情報ではありません)です。燃費は飛行高度・気象状況・乗客数など様々な要因で変化します。

 

JTA 737-800 の画像

BOEING 737-800 那覇空港

JTA B737-800 那覇空港

JTA 737-800 JA09RK

JTA ピンクジンベエ・ジェット OKA/ROAH

JTAに関連するアイテム

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »