【急上昇】機内で流れる集BGM集

【B737-800】CFM56-7B ワイドコード・ファンブレード

・ボーイング B737-800に搭載されていた、CFM56-7B エンジンのワイドコード・ファンブレードを紹介します。

※ブレードは展示鑑賞用として鏡面加工されています。実際のブレードは艶のないステンレスのような色をしています。ご了承ください。

 

※記事の内容と画像のエアラインは一切関係ありません。

CFM56-7B エンジンについて

BOEING 737-700/-800

CFM International CFM56-7B

FAN BLADE

エンジン概要
型式CFM International CFM56-7B
最大推力8,850 kgf~12,400 kgf
ファン形式ワイドコード・ファンブレード
ソリッド(中実)タイプ
ファン直径1.55m
ファンブレード長0.56m
ブレード枚数24枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比5.3
全圧力比32.6
搭載機種Boeing 737-600/-700/-800/-900

BOEING 737-800:CFM56-7Bエンジン

・CFM56-7Bは、BOEING 737-600/-700/-800/-900はNG(ネクスト・ジェネレーション)シリーズと呼ばれる第3世代目のB737として開発されたターボファンエンジンで、1994年に運用開始されました。

 

従来のB737クラシック用エンジン CFM56-3と比較して、高効率・低燃費・整備コスト削減を目標に開発された-7Bには様々な新技術が導入された。

 

特に大きな違いは、ファンブレードが既存のスナバー付き細長タイプ(737-400/-500)から、スナバーなしのワイドコードファンブレードに変更された点。これにより空力性能も格段に改善され、ブレード枚数も38枚から24枚へと削減した。

 

また、ワイドコード・ファンブレードの採用によって吸入空気流量も変わり、既存の710lb/s(CFM56-3C1)から780lb/s(CFM56-7B)へと増大したことでより高バイパス比低燃費エンジンとなった。

 

ファンだけでなく、高圧タービンの材質変更・3D翼型の採用によって、-7Bは既存の-3Cに比べて燃費で7%・整備コストで15%の削減に成功。

 

CFM56-7Bは全てのB737NGシリーズに搭載されていることから、国内でもJAL・JTA・ANA・SKY・Solaseedなど多くの機体で活躍している。

 

自動取得のため、記事内容と違う場合があります。

CFM56-7B ワイドコード・ファンブレードの画像

スナバー(突起物)をなくしたことで効率の良いブレードへと進化した

突起物(スナバー)のないフラットな表面

離陸出力時、根元部分には50トン前後の遠心力が作用する

RR TrentシリーズやPW4000-112・V2500のブレード内部は中空だが、CFM56-7Bはソリッド(中実)タイプなので重いという欠点がある。

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式CFMI:CFM56-7B
ブレードタイプワイドコード・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長560 mm
全幅260 mm
重量5,000 g

※若干の測定誤差があります。

 

CF6-50よりも重い
CFM56-7B ファンブレード1枚の重量は、何とCF6-50(4,600グラム)よりも400グラム重い5,000グラムとなっている。エンジンのサイズ的にはCFM56-7Bが小さいのは明らかだが、ソリッド(中実)タイプのワイドコードブレードのため重いという欠点がある。ちなみに、RR TrentシリーズやPW4000-112(PW4074・PW4090)・V2500などは軽量化のため内部が中空となっている。
14+

1 COMMENT

名無し

サイズ記入ありがとうございます。資料として活用でき助かります。よろしければ、タービンなど他のブレードもお願いします。

3+
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »