【錆びない超合金】B747-400 キーホルダーの話

【B747-200B】のファンブレード|CF6-50E2 ターボファンエンジン

・ボーイング B747-200Bに搭載れていたGE CF6-50E2 エンジンのファンブレードを紹介します。

 

CF6-50E2 エンジンについて

CF6-50E2 エンジン

General Electric CF6-50E2 Engine

FAN BLADE

エンジン概要
型式GE CF6-50E2
最大推力24.0 t
ファン直径2.33m
ファンブレード長0.72m
ブレード枚数38枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比4.4
圧縮機圧力比29.2
搭載機種Boeing 747-200B、747SR

・1969年、DC-10用として開発が開始されたGE CF6-50エンジン。後にエアバス A300にも搭載された。ボーイング B747用のエンジンとして就航したのは1975年以降から。

 

国内ではANA(全日空)のB747SR(CF6-45A)、B747-200B(CF6-50E2)に採用されていた。

 

B747のエンジンとしては後発のCF6-50は、ハイパフォーマンスエンジンとして高推力(推力 24トン)低燃費を達成し、成田=ワシントンDC線もノンストップで就航可能な性能を持っていた。

 

JT9Dのファンブレードと比べると、CF6のファンは若干幅広となりミッド・スパン・シュラウドは1つとなっている。

Malaysia AL Kargo B747-200BF TF-ARMArcturus [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)]

CF6-50E2 ファンブレードの画像

推力の75%前後を発生させる大型のファンブレード

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式General Electric CF6-50E2
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長720 mm
全幅240 mm
重量4,600 g

※若干の測定誤差はご了承ください。

関連動画

CF6-50エンジンに関連した動画を自動取得しています。タイトルと内容が違う場合があります。

8+

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »