【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【Boeing 747】JT9D-7Aエンジンのファンブレード

ボーイング B747-100に搭載されていたプラット・アンド・ホイットニー JT9D-7Aエンジンのファンブレードを紹介します。

JT9D-7A エンジンについて

JT9D-7A エンジン

Pratt and Whitney JT9D-7A Engine FAN BLADE

エンジン概要
型式Pratt and Whitney JT9D-7A
最大推力21.7 t
ファン直径2.25m
ファンブレード長0.73m
ブレード枚数46枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比5.15
圧縮比22.3
搭載機種Boeing 747-100、747SR、747SP

・P&W JT9D-7Aは、ボーイング B747-100、-100SR/SUD(国内線用)、-SPのエンジンとして開発された推力(21.7トン)のエンジン。

 

ベースモデルはJT9D-3A(推力19.8トン)で、推力向上と耐久性を高めるために、コア側の圧縮機を追加、高圧タービンの材質と空冷方式の改良をしたのが-7Aとなっています。

 

ファンについては特に改良されていないので、-3Aも-7Aも同一の形状なっています。ミッド・スパン・シュラウドと呼ばれる突起が2つあるのが特徴。

 

ワイドコードファンが主流の現在、チタン合金製の細長くシュラウドが2つあるブレードは珍しい。

JT9D-7A ファンブレードの画像

ファンブレード全長:約76㎝

ミッド・スパン・シュラウドが2つ

航空科学博物館 JT9D-3

JT9D-7Qのファンブレード
・B747-200Bのエンジンとして登場したJT9D-7Qエンジン。推力は-7A(21.0トン)から-7Q(24.0トン)へと増加。推力増強に貢献したファンブレードは、-7Aタイプをわずか1in(2.5㎝)長く改良したブレードだった。

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式Pratt and Whitney JT9D-7A
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長760 mm
全幅200 mm
重量3,600 g

※若干の測定誤差はご了承ください。

関連動画

JT9Dに関連した動画を自動取得しています。タイトルと内容が違う場合があります。

2+

2 COMMENTS

散歩中の人

JT-9のブレードは久しぶりに見ました。初期の747のエンジンは水噴射が装備されていましたが、それでも推力が足らない非力なエンジンでしたね。それでも最終型はとても良いエンジンに仕上がっていました。

3+
返信する
Mike-J

昔、あるパイロットから譲り受けた物を持っています。こちらと同じものです。我が家でも家宝として飾っています。

1+
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »