【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【コラム】同じようで微妙に違うジェットエンジンのパーツを楽しむ

ジェットエンジンのスクラップパーツを集めて何が楽しいのか?普通の人から見れば『同じ形』の物を2つも買う意味が理解できないらしい。

【形が似ていても空力性能が全く違う】

航空機のスクラップ部品を集める醍醐味の一つは、このような小さな進化を発見できた時なのかもしれない。

 

同じものを2個も買う意味がわからない

スタッフ

同じ物を2個も買ってどうするんですか~?
やっぱり同じに見えるの?

管理人

スタッフのその一言が始まり。

航空ジャンク イベントで買ってきたジェットエンジンの廃棄ブレードを、無造作にデスクに置いてあったのを見たらしい。

『興味がない人にはそう見えるのか…』

 

同じようで全く違う進化したブレード

・このジャンク品のコンプレッサーブレード、一瞬だけ見ると同じように見えますが、下の拡大した画像を注意深く見るとメカマニアの方なら気付くはず。

根本にあるダブテールの形状は微妙に違いますが、これではありません。

 

翼部分に大きな違いがあります。

3Dエアロ翼と呼ばれる動翼

・上の画像だと、左側が旧タイプ・右側が新タイプになっています、どちらも同じエンジンです。

このような細かな違いを比較する場合には、強い光に当てるとすぐに判別可能です。

 

コンプレッサーブレード(旧タイプ)

コンプレッサーブレード(新タイプ)

旧タイプは前縁が直線状になっていますが、新タイプは前縁が曲線になっている3Dエアロ翼と呼ばれるCFD(数値流体解析)による設計となっています。

調べてみると、超音速流で剥離した気流が再付着しやすくなる形状が3Dエアロ翼だと専門書にありました。

似ているようで全く違う

このような違いは、コンプレッサーブレードだけでなくタービンブレードでもあります。

しかし、ファンブレードは完全な完成形なのか10年20年と経過しても、バージョンが変わるだけで、形状はほぼ変わらないというのが凄いところ。

今回は、このような日々の雑記ネタでした。

 

※このブレードが何のエンジンか興味がある方は、こちらから探してみてください。いい暇つぶしになるかと思います。

【航空ジャンク⑨】コンプレッサーブレードの図鑑!
3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »