【飛行機の燃費】ボーイング・エアバス 機種別一覧

飛行機の燃費ってどれくらいなのか。1時間当たりどれくらいの燃料を使うのか!気になる疑問を【旅客機の燃費一覧表】としてまとめました。

ジェット機は燃費が悪いと決めつけられることが多い乗り物ですが、一人当たり/単位距離当たりの燃費って意外と悪くない高性能な乗り物なんです。

 

ボーイング機の燃費

型式標準座席数燃料消費量
(1時間当り)
1座席あたり100km移動時の燃料コスト
B737-300126 席3,490 L3.46 L
B737-700126 席2,950 L2.79 L
B737-800162 席3,320 L2.44 L
B737 MAX 8166 席2,845 L2.04 L
B747-400416 席12,530 L3.24 L
B747-8467 席11,310 L2.65 L
B757-300243 席4,960 L2.40 L
B767-300ER269 席5,850 L2.56 L
B777-200305 席7,620 L2.80 L
B777-200ER301 席7,760 L2.89 L
B777-300368 席8,780 L2.68 L
B777-300ER365 席9,470 L2.91 L
B787-8243 席6,080 L2.77 L
B787-9294 席6,640 L2.50 L

エアバス機の燃費

型式標準座席数燃料消費量
(1時間当り)
1座席あたり100km移動時の燃料コスト
A320150 席3,250 L2.61 L
A320neo154 席2,875 L2.25 L
A321180 席3,735 L2.50 L
A321neo192 席3,490 L2.19 L
A220-300160 席2,722 L2.05 L
A330-300262 席6,800 L2.98 L
A330neo310 席6,534 L2.42 L
A340-300262 席7,416 L3.25 L
A350-900315 席6,805 L2.40 L
A380-800525 席14,930 L3.16 L

ボンバルディア・エンブラエル・その他の燃費

型式標準座席数燃料消費量
(1時間当り)
1座席あたり100km移動時の燃料コスト
CRJ 20050 席2,130 L5.43 L
CRJ 70070 席3,045 L5.25 L
EMBRAER 17588 席2,635 L3.44 L
EMBRAER 190106 席3,060 L3.32 L
DASH8-Q40082 席1,530 L2.80 L
SAAB 340B31 席620 L3.83 L

飛行機の燃費 一覧表の見方

型式

各航空機メーカーの主要機種を掲載。

座席数

・標準仕様での座席数。エアライン各社の仕様によって若干の違いがあります。

燃料消費量

・標準座席数、標準巡航速度で1時間飛行した場合の燃料消費量をリットル(単位:L)で表示。

※各機体の燃費は満席時の数値なので、実際はこの数値よりも少ない燃料消費量となる場合が多い。

燃料コスト

・旅客機の場合、大型機から小型機まで多種多様な機種があり、もちろん座席数も大きく違います。そのため、単純に1時間あたりの燃料消費量だけでは性能を比較できません。

そこで性能比較に使われるのが、1座席(乗客一人)あたり100km移動した場合の燃料使用量(単位はリットル:L)という数値です。

興味深いのが、B747-400より大型で大重量のA380の方が座席数が多いので燃料コスト的には良い数値となっています。

他にも、A320とA320neo、B737-800とB737 MAX8など旧機種と新型機では燃料コスト的にみても格段に進化しています。

 

ポイント!
・旅客機はエアライン各社の仕様により座席数が標準と異なる場合があります。また、飛行高度や風の影響など様々な要因で燃費は大きく変化します。この一覧表では、標準仕様・カタログ値など平均燃費でまとめています。

 

車 vs 飛行機 燃費を比較

・身近な燃費といえば、やはり1リットルの燃料でどれだけの距離を走れるかという方が感覚的にわかりやすいかと思います。

最近の車は特に燃費が良くなり、軽自動車だと33 km/Lと格段に燃費が向上しています。

車の場合

・ここでは、あの有名な車に登場してもらいましょう。

車種燃費巡航速度乗車人数
プリウス37.0 km/L80 km/h4人

飛行機の場合

・大型機のA380から小型のB737-800まで多種多様な機種の燃費がこちら。

燃費の単位がkmではなくmということにご注意を。

機種燃費巡航速度乗客数
A380-80060 m/L910 km/h525席
747-40072 m/L910 km/h416席
777-300ER95 m/L905 km/h365席
787-8137 m/L910 km/h243席
737-800223 m/L840 km/h162席

 

この表からわかること

・1リットルの燃料で37kmも走るハイブリット車に対して、1リットルで100m程度しか飛ばない飛行機。

一見すると、車の方が燃費が良く環境に優しい乗り物という印象ですが、はたしてそうなのか。

表をよく見ると、自動車は定員が4名に対し飛行機は160~525人の乗客を一度に移動させることができます。しかも、巡航速度は自動車の10倍以上早い。

単純に、飛行機は160人の乗客を1時間後には800km先の目的地に移動させることができますが、自動車だと40台必要で時間も10時間かかるということになります。

大量に燃料を消費するジェット機は環境に悪いという印象がまだまだ根強く残っていますが、冷静な目で比較すると意外にも悪くないという結果が見えてきます。

 

2+

1 Comment

運航管理マン

多からず少なからずほぼ現実に近い燃費数値ですね。実際はもう少し少なめですが、たぶん最大ということでしょう。

3+
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »