【360度ビュー導入】⇒ ジャンク部品を自由に鑑賞

B737-200 ファンブレード|JT8D-17 エンジン

ボーイング B737-200に搭載されていたPratt and Whitney JT8D-17エンジンのファンブレードを紹介します。

JT8D-17 エンジンについて

JT8D-17 エンジン

Pratt and Whitney JT8D-17

Fan Blade

エンジン概要
型式P&W JT8D-17
最大推力7.2 t
ファン直径1.01m
ファンブレード長0.35m
ブレード枚数27枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比1.0
圧縮比
搭載機種Boeing 737-200、727-200

・1964年、Boeing727用として開発されたP&W JT8Dエンジン。推力クラスは5.5トン~9.5トンと幅広く様々な機体に搭載されたベストセラーエンジン。

 

ターボジェットからターボファンへの移行期に開発されたこのエンジンは、ターボファンだが低バイパス(バイパス比1.0)のため騒音が著しく酷かったが、信頼性の高いエンジンとして多くのエアラインに採用された結果、総運転時間は15億時間を超えたといわれている。

 

B727とB737には、ほぼ共通のJT8Dシリーズのエンジンが搭載されていた。

 

JT8D-9A-071207Alan Radecki Akradecki [CC BY-SA 4.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

JT8D-17 ファンブレードの画像

ブレードサイズ:全長 約35㎝、最大幅 約11㎝

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式Pratt and Whitney JT8D-17
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長350 mm
全幅110 mm
重量800 g

※若干の測定誤差はご了承ください。

関連動画

JT8Dエンジンに関連した動画を自動取得しています。タイトルと内容が違う場合があります。

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »