【錆びない超合金】B747-400 キーホルダーの話

【MD-81/-87】のファンブレード|P&W JT8D-200シリーズ

マクドネル・ダグラス MD-80シリーズ(MD-81/MD-87)に搭載されていたPratt and Whitney JT8D-200シリーズ エンジンのファンブレードを紹介します。

JT8D-200シリーズは、B737-200に搭載されているJT8D-9の高圧コアを流用。ファン部分のみを新設計・大型化しバイパス比を高め推力を向上させたモデル。

-200シリーズは、MD-80シリーズ(MD-81/-82/-83/-87/-88)専用に開発されたエンジン。バリエーションは、設定推力に応じて(-209、-217、-219)の3タイプがある。

 

McDD MD-82 'N439AA' American Airlines (14337366774)Alan Wilson, CC BY-SA 2.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

JT8D-200 シリーズ ファンブレード

McDonnell Douglas

MD-81/-87

Pratt and Whitney JT8D-200 series

Fan Blade

JT8D-200 series ファンブレード

エンジン概要
型式P&W JT8D-200 series (-209,-217,-219)
最大推力8.2 t ~ 9.3 t
ファン直径1.25m
ファンブレード長0.42m
ブレード枚数27枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比1.73~1.78
搭載機種McDonnell Douglas MD-80 series

・P&W JT8Dは、1964年にBoeing727用として開発されたエンジン。推力は5.5トン~9.5トンと幅広く様々な機体(B737-200・DC-9・C-1など)に搭載されたベストセラーエンジン。

 

ターボジェットからターボファンへの移行期に開発されたこのエンジンは、構造上はターボファンだが低バイパス(バイパス比1.0)のため騒音が著しく酷く燃費も悪かった。しかし、信頼性が高いエンジンとしてベストセラーとなり、総運転時間は15億時間を超えたといわれている。

 

続くMD-80シリーズには、JT8D(-9~-17)を改良した-200シリーズが搭載された。このエンジンは、コア部分は共通のままファンのみを新規設計し大型化。これまでの2段ファンから1段ファンに変更。バイパス比を増大させ推力を向上させると同時に燃費と騒音も改善。リ・ファンエンジンとも呼ばれている。

 

Pratt-707re-N707HE-071126-25-16Alan Radecki Akradecki, CC BY-SA 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

JT8D-200 series ファンブレードの画像

ブレードサイズ:全長 約41㎝、最大幅 約14㎝

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

ファンブレードのサイズファンブレード サイズ:415㎜X145㎜

エンジン型式Pratt and Whitney JT8D-200 series
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長415 mm
全幅145 mm
重量1,400 g

※若干の測定誤差はご了承ください。

リ・ファンエンジンとは何か

・MD-80シリーズのエンジン開発では、旧タイプのJT8D(-9~-17)と比較して、推力を増大・燃費の向上・騒音低減が要求された。その開発では、当時斬新とされた新しい手法がとられた。

リ・ファンエンジン

エンジンメーカーにとって、新規に新しいエンジンを開発することは莫大な投資や納期・販売など様々なリスクがある。

そのリスクを抑える方法として考え出されたのが、信頼と実績を重ねてきたJT8D-9のコア部分を流用し、ファン部分のみを新規に設計するという(リ・ファンエンジン)という手法だった。

具体的な変更点としては、これまで2段構成だったファンを1段に変更。ファンブレードを大型化することでバイパス比を(1.0から1.74)まで増大。推力の向上・燃費改善・騒音低減という目標を達成した。

見た目の違いは全長が長くなった程度にしか見えないが、内部は大きく進化した画期的なエンジンとなった。

 

左:-200シリーズ(1段ファン) 右:JT8D旧タイプ(2段ファン)

関連動画

JT8Dエンジンに関連した動画を自動取得しています。タイトルと内容が違う場合があります。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »