【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【動画】CF6-80 エンジンのファンブレード交換

多くの航空ファンが大好きというGE CF6エンジン。その癒しサウンドを求めてB767-300の前方や真横に座席を確保する人も多い。

豪快なパワーとサウンドを奏でるのが、エンジン前面にある直径2.36mの巨大なファンブレード。

チタン合金製の頑丈なブレードだが、交換作業には慎重な扱いと手順が要求される。その動画について紹介します。

動画の詳細

動画:https://youtu.be/i4RqDZ2Z5Uc

・動画で紹介されているのは、エアバスA330用のCF6-80E1エンジンのファンブレード交換の様子。

CF6-80E1は、CF6-80C2の推力を増強した派生型のエンジン。

ベースとなったCF6-80C2は、ボーイング 767-300や747-400、エアバスA300-600R、MD-11、航空自衛隊C-2など多くの航空機に採用されている。

 

CF6-80C2CF6-80E1
推力52,000~63,000 lbf72,000 lbf
ファン直径2.36 m2.44 m
ファンブレードサイズ0.78 m0.85 m
バイパス比5.155.3
空気流量790 kg/s875 kg/s
圧縮比3032.6
搭載機種767-300、747-400他A330

 

この記事もよく読まれています。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »