【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【純金よりも高価!?】旅客機のタービンブレードとは一体どんなもの(B777 GE90エンジン)

一機100億円以上といわれる旅客機、その航空エンジンもまた1台数十億円と大変高価な機械。驚くことにその内部にあるタービンブレードと呼ばれる部品は金よりも高価らしい…

今回は、世界最大の双発旅客機 B777-300ERに搭載されている世界最大クラスの推力を発生させるGE90-115Bエンジンについて調査。

前回好評だった【旅客機エンジン ファンブレードの値段】に続き、みんなが気になるあの値段!を紹介。

 

<資産運用の王道>2018年の金相場はいくら?

資産運用は純金積立てで!』という言葉が一時期流行ったほど金は資産運用の王道ですね。

金取引は1グラムいくら?という表現で毎日価格が変動していて、経済ニュースなどでも今日の金の値段は?という内容を聞いたことがあるかと思います。

では一体、金1グラムの価値はどれくらい変動しているのか。

2018年11月現在は1グラム¥4,800前後で推移しているようです。

この金1グラムの値段とタービンブレードに何の関係性があるのかこれから説明します。

航空エンジンのタービンブレードとは?

轟音を発しながら巨体を軽々と離陸させるジェットエンジンは見ていてとても圧巻ですね。

その推進力の8割を発生させる大部分は前面にある巨大なファンブレードですが、そのファンを駆動するのがタービンブレードと呼ばれる部品。

Turbofan operation (lbp).png
CC 表示 2.5, Link

参考画像:Wiki ターボファンエンジン

  • 高圧タービン(High pressure turbine)-高圧圧縮機を駆動
  • 低圧タービン(Low pressure turbine)-ファン・低圧圧縮機を駆動
タービンブレードとは?

特徴

①:燃料を燃やしたガスのエネルギーを回転力に変換する部品。

②:常に高温の燃焼ガスに晒されると同時に巨大な遠心力にも耐える必要がある。

③:離陸時にはブレードの融点以上の超高温に晒される

④:約10000時間(太平洋横断800回)以上の長寿命が要求される。

 

世界最大のモンスターエンジン GE90-115B

世界最大推力を誇るGE90-115Bエンジンの凄さについて。

大量高速輸送時代の幕開けとなったB747 ジャンボジェット機をご存知ですか?

4つのジェットエンジンが搭載されている大型旅客機で、過去にはJALやANAでも活躍していた機体。政府専用機(2018年現在)としても活躍しています。

ANA:Boeing 747-400D

その巨大な旅客機を、もし2つのエンジンで飛ばせたらスゴイと思いませんか。

それを可能にするほど大きな推進力を発生させるのがこのGE90-115Bエンジンなのです。

型式GE90-115BCF6-80C2
推力115,300 lbf (52t)52,000~63,000lbf (27t)
ファン直径3.25m2.36m
搭載機種B777-300ERB747-400、B767-300、A300-600R他
エンジン価格約20億円約8~10億円

ANA:Boeing 777-300ER (GE90-115B)

単結晶タービンブレード<最先端素材・構造・加工>

B747 ジャンボジェットに匹敵する重さの旅客機を2つのエンジンで軽々と浮かせるほど強大な推進力を発生させるGE90-115Bエンジン。

その性能の全てのカギを握るまさに心臓部の心臓と呼ばれる部品が、この高圧1段目のタービンブレードで、エンジンメーカー各社が全力でその時代の最高技術を投入するといわれています。

・ニッケル基耐熱超合金という材料

・単結晶タービンという複雑な製法

・ドリル加工では不可能とされる1mm以下の無数の冷却孔

 

なぜ高圧1段目が過酷なのか?

旅客機エンジンのタービン部分は複数段(高圧2段+低圧4~7段)で構成されており、燃焼室から出た高温の燃焼ガスはタービンに力を与えながら徐々に温度が下がり出口から排気されます。

このタービンに吹き付ける燃焼ガスの温度が高ければ高いほど効率が良くなり燃費性能の良いエンジンとなります

その結果、一段目のタービンに吹き付ける燃焼ガスはブレード材料の融点を遥かにこえる温度に晒されると同時に毎分1万回転以上という巨大な遠心力に耐える性能が高圧タービンには要求されます。

低圧タービン以降は徐々に燃焼ガスの温度も下がるので、材質の軽量化や効率的な翼型、無冷却ブレードの開発に重点が置かれます。

この重さ350グラムの手のひらに乗る小さなタービンブレード、気になる1枚のお値段は。

なんと200万円!

グラム当たり¥5,714ということで金の価値を遥かに超えてます。

このブレードが約80枚ほど取り付けられて1段目を構成しています。

まとめ(命を守る部品はプライスレス)

凄く高い!』または『意外と安い』人それぞれ考え方は違うと思いますが、今回の物の値段はいかがでしたか。

重大な事故につながる可能性のあるエンジン故障。

絶対に壊れてはいけない究極の部品の形

ここが普通の工業製品とは違う大きな点。

エンジンメーカーも利益を追求しなければ成り立たない、しかしコスト削減は許されないという相反する世界。

では、どこで利益を出すのか?

このような重要パーツは使用時間飛行回数というタイムリミットのある部品。修理は許されず全交換が常識。

ここに巨額のビジネスポイントがあるらしい・・・

その利益でまた最先端のエンジン開発に着手するという好サイクルが旅客機エンジンの世界。

 

関連記事

旅客機ジェットエンジンの値段をまとめました ジェットエンジンのファンブレードとタービンブレードの違い:ヤフオク 航空ジャンク市 【航空エンジン発達の歴史Ⅱ】GEタービンブレード DC-10~B747~B777(1974~2004) 【おすすめ飛行機の本 #13】ジェットエンジンの仕組み:吉中 司著 【おすすめ飛行機の本 #21】ジェットエンジンの科学:中村寛治 著
1+

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »