【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【エアバンド入門:番外編】エアバンド専用アンテナ おすすめ3選

【エアバンド入門 #4】では、航空無線は付属アンテナで受信できるのか?という内容を紹介しました。もちろん、付属のアンテナでも空港周辺であれば受信は可能です。

しかし、飛行機撮影をしていると、多くの航空ファンが長いアンテナや短いアンテナを使い分けて使用しているのを見たことがあるかと思います。

その理由と、航空ファンに人気の【おすすめのエアバンド専用アンテナ 3選】、【なぜ専用アンテナがいいのか?】について紹介します。

 

なぜエアバンド専用アンテナがいいのか?

・付属のアンテナでもエアバンドは受信できるのに、専用アンテナにする理由は何か?とういと、受信範囲が広くなるというよりも音声の明瞭度が向上してクリアに聴けるという効果があるからです。

エアバンドに限らず電波を使う機器(携帯、Wi-Fi、ラジオなど)は、それぞれ効率よく電波を送受信できるアンテナの長さが決まっています。

一般的に、理想的なアンテナの長さは波長の1/4といわれています。例えば、民間用エアバンドだと約60cm、軍用エアバンド約30cm、携帯電話 約6cm、FMラジオ 約1mと長さは様々。

広帯域受信機に付属のアンテナは、お試し的な一応なんでも受信できるアンテナという場合が多いです。

その為、空港の送迎デッキで受信している時でも、管制塔からの音声は鮮明、しかし地上の航空機側は建物の影に隠れてノイズ混じりといったことが起こります。

そんな時に受信状態を改善してくれるアイテムがエアバンド専用アンテナと呼ばれるものです。

 

どんな種類があるのか?

・エアバンド受信用アンテナには、リスニング環境によって屋外用・屋内用・モービル(車)用と大きく3つの種類があります。

今回は、屋外で飛行機撮影しながらエアバンドリスニングという内容なので屋外用ハンディータイプのアンテナについて紹介します。

部屋の中など屋内で無線を聴く場合には、屋根にディスコーンアンテナを設置すると、200~300km先を飛行中の航空機の電波も受信できますが、これについては別の記事で紹介する予定です。

 

ショートタイプとロングタイプ

・エアバンド専用ハンディーアンテナには、大きく分けて2つのタイプがあります。

最近は、受信機の小型化に合わせてアンテナもショートタイプが流行となり、使用している人も増えてきています。

 

ショートタイプ

・全長 5cm前後、とても小さなサイズのアンテナです。

理想的なVHF民間機エアバンドのアンテナ長は60cm前後といわれているが、受信感度は付属アンテナより良いと評価が高い。

この携帯性を利用して飛行中の機内でエアバンドを聴いているプロもいる。

※イベントや人が多い撮影時に周囲の邪魔にならないのが魅力。

ロングタイプ

・全長が50cm前後と、通常のVHF民間機エアバンドの周波数帯に適した1/4λのアンテナ長に設定されている。そのため受信感度や明瞭度もハッキリと感じられるほど向上し、受信範囲も多少ではあるが広がる。

地上移動中の航空機側、ランウェイエンド、空港周辺の公園などでエアバンドを聴く際に威力を発揮する。

※イベントなど人混みの中で周囲の邪魔になったり、他者の顔に当たるなどの事例が多く問題視されている。

※概略説明のため大まかな表現をしています。特定の商品に対してのことではありません。

 

SRH103 vs SRH1230 高評価のエアバンド専用アンテナを比較

・無線機のアンテナといえば、第一電波工業(ダイヤモンド)コメットが代表的なアンテナメーカーです。

多くの航空ファンから厚い信頼があり、Amazonランキングでも上位の高評価アンテナを比較しました。

 

エアバンド専用アンテナの比較
ショートタイプロングタイプ
型式SRH103SRH1230
メーカー第一電波工業第一電波工業
周波数帯120 / 300MHz帯120 / 300MHz帯
エアバンド対応〇(V/UHF帯)〇(V/UHF帯)
コネクターSMA型SMA型
全長4.5cm48.5cm
重量18 グラム43 グラム
特徴超小型サイズだけに携帯性が抜群。感度はロングタイプより劣る。高感度でエアバンドを受信できる専用アンテナ。
最適なロケーション空港内空港周辺
価格帯¥3,400前後¥4,300前後

 

航空ファンに人気のアンテナランキング 3選

人気のエアバンド専用アンテナ

  • 第一電波工業 SRH1230 エアバンド専用 120/300MHz帯 受信アンテナ SMA形

    120MHz帯と300MHz帯の軍民両方のエアバンド受信に設計された専用アンテナ。軽量・小型・高感度とバランスのとれたアンテナ。

    評価
    おすすめポイント高感度エアバンド受信性能
    アンテナ端子SMA型

    SRH1230は、多くの航空ファンに愛され評価されているベストセラーアンテナ。民間機用VHFだけでなく、軍用UHFも高感度で受信できるよう設計されているのがポイント!

  • 第一電波工業 SRH103 エアバンド専用 120/300MHz帯 専用アンテナ SMA端子

    わずか4.5cmの超小型エアバンド専用アンテナ。軍民両方(120/300MHz帯)に対応している。多くの航空ファンが愛用しているベストセラーアンテナ。

    評価
    おすすめポイント最小4.5cmのエアバンド専用
    アンテナ端子SMA型

    イベント時や人混みの多い場所での使用に最適な超小型サイズ。空港内では付属アンテナ以上の性能を発揮する。

  • コメット CMY-AIR1 VHF/UHFエアーバンド受信専用アンテナ

    今までショートタイプとロングタイプしかなかったエアバンド専用アンテナにミドルサイズが登場!全長22cmでVHF/UHF帯の航空無線に最適化されたアンテナ。

    評価
    おすすめポイントコメットX山本無線が共同開発!
    アンテナ端子SMA型

    アンテナメーカーのコメットと山本無線が共同開発したエアバンド専用アンテナ『CMY-AIR1』これまでになかったミドルサイズアンテナが数量限定で販売。受信感度・使い心地など多くのファンの意見を取り入れて開発されたアンテナ。

 

アンテナ端子に注意!
・アンテナ端子にはSMA型とBNC型があります。最近の受信機はほとんどSMA端子で、旧タイプの受信機がBNC端子となっています。購入前にご自身の受信機を確認しましょう!

 

まとめ

当サイトが独断と偏見でまとめると

・ショートタイプは空港内やイベント用として便利。

・ロングタイプは空港周辺・地上航空機側の受信を重視している人。

※2タイプを状況に応じて使い分けできれば最高ですが、もしどちらか悩んでいるという方は、このように区別するといいかと思います。

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »