【知的好奇心を満足させる飛行機の話】

JAL B777-200には【PW4000シリーズ】と【GE90】のエンジンを搭載した機種がいる

JA8978

JAL(日本航空)で使用されているBOEING 777-200には【PW4000シリーズ】と【GE90】のエンジンを搭載した2タイプの機種が存在。

これまでは、主にPW4000搭載機種が国内線、GE90を搭載したタイプが国際線で運航されていましたが航空需要の影響で、最近は国際線仕様の機体も国内線に導入されています。

機体番号からエンジンタイプがわかるリストや、エンジンの違いについて紹介します。

 

2020年12月4日(金) JAL 904便(那覇発羽田行き)が飛行中に左エンジン不具合で那覇空港へ引き返した。当該機材はB777-200(機体番号 JA8978)エンジンはP&W製 PW4074、詳しい原因は現在調査中だが、前面にある巨大なファンブレード2枚が破断し、カウリングと呼ばれるカバーが吹き飛んだ。

【関連記事】
B777型機 一部運航停止|JAL・ANAの対象機材(2021/02/21 速報)
B777 運航停止|JALとANAはどの機体番号が該当するのか

PW4000シリーズとGE90エンジンの違い

P&W PW4000シリーズについて

・アメリカ プラット&ホイットニー製 PW4000エンジンは、B747クラシックに搭載されていたJT9Dエンジンから派生したタイプの新設計エンジンで、部品点数は約半分、燃費効率、メンテナンスコストなど大幅に改善されている。

ファンサイズ(最大推力)の大きさにより3タイプがラインナップされている。

  • PW4000-94:B747-400、B767、A300(PW4052・PW4060・PW4152)
  • PW4000-100:A330用(PW4168)
  • PW4000-112:B777シリーズ(PW4074・PW4077・PW4090)
    ※-94・-100・-112はファン直径112インチを意味しています。

エンジン仕様

 

エンジン型式PW4000シリーズ
メーカープラット アンド ホイットニー
エンジンシリーズPW4000-112
タイプPW4074・PW4077・PW4084・PW4090
最大推力34,958~43,900 kgf
ファン直径2.36m
ファンブレード枚数22枚
ファン形状ワイドコード
ファンブレード材質チタン合金製
運用開始1994年

 

GE90シリーズについて

・GE Aviationは、世界最大の双発機 Boeing 777用のエンジンとしてGE90を開発。当時、それは世界史上最も大型のエンジンで 1993年3月 初運転に成功した。

前面にある巨大なファンの直径は312cm(初期型)。これはBoeing737の胴体の幅に匹敵するほどの大きさ。しかし、ファンの大口径化による高バイパス化は燃費改善の主な手段ではあるが、ブレード単体の重量が増すことで、エンジンが重くなり飛行機トータルでみると燃費改善分は相殺される場合もある。

そこでGEは、これまでのファンブレードに使用されていたチタン合金からカーボンファイバー(炭素繊維複合材)に変更することで大幅な軽量化に挑んだ。その効果はチタン合金で製作した場合に比べファン全体で数百ポンドの軽量化といわれている。

CFRP製ファンブレードは軽量というメリットはあるが、鳥などの異物突入の耐久性に弱いといわれている。その対策として、高靭性エポキシ材の開発やブレード前縁・翼先端・後縁にチタン合金の補強プレートを貼り付けている。

GE90シリーズには、1993年開発した初期型のGE90-85B、2000年に型式証明を取得した改良型のGE90-94B、B777-300ER用のGE90-115Bと大きく分けて3タイプがある。

 

エンジン仕様

エンジンGE90シリーズ
メーカーゼネラル エレクトリック
型式GE90-94B
最大推力42,540 kgf
ファン直径3.1 m
ファンブレード枚数22枚
ファン形状ワイドコード
材質カーボンファイバー(炭素繊維複合材)
運用開始2000年

JA8978

機体番号からエンジンタイプを調べる

JALのBOEING 777-200には【PW4000シリーズ】と【GE90】のエンジンを搭載した2タイプの機種が存在。機体番号からエンジンを見分けるリストがこちら。

※2020年8月1日現在のデータなので、既に退役している機体もあります。

 

BOEING 777-200(PW4074・PW4077) / -200ER(GE90)

機体番号型式エンジン客室登録日備考
JA8978777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1997/06旧JAS 国内線機材
JA8979777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1997/11旧JAS 国内線機材
JA007D777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1998/04旧JAS 国内線機材
JA008D777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1998/09旧JAS 国内線機材
JA009D777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1998/09旧JAS 国内線機材
JA010D777-289PW4074375
(F14J82Y279)
1999/05旧JAS 国内線機材
JA771J777-246PW4077375
(F14J82Y279)
2003/05国内線機材
JA772J777-246PW4077375
(F14J82Y279)
2004/04国内線機材
JA773J777-246PW4077375
(F14J82Y279)
2007/05国内線機材
JA701J777-246ERGE90-94B312
(C28Y284)
2002/07国際線
JA702J777-246ERGE90-94B312
(C28Y284)
2002/09国際線
JA703J777-246ERGE90-94B312
(C28Y284)
2003/02国際線
JA707J777-246ERGE90-94B236
(C42PY40Y154)
2004/04国際線
JA708J777-246ERGE90-94B236
(C42PY40Y154)
2004/06ONE WORLD
JA709J777-246ERGE90-94B245
(C56PY40Y149)
2004/09国際線
JA710J777-246ERGE90-94B245
(C56PY40Y149)
2005/07国際線
JA711J777-246ERGE90-94B245
(C56PY40Y149)
2005/08国際線

BOEING 777-300(PW4090) / -300ER(GE90)

機体番号型式エンジン客室登録日備考
JA8944777-346PW4090500
(J78Y422)
1999/04国内線機材
JA8945777-346PW4090500
(J78Y422)
1999/08国内線機材
JA751J777-346PW4090500
(J78Y422)
2003/11国内線機材
JA752J777-346PW4090500
(J78Y422)
2003/11ONE WORLD
JA731J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2004/06国際線
JA732J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2004/07国際線
JA733J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2005/06国際線
JA734J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2005/07国際線
JA735J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2006/07国際線
JA736J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2006/08国際線
JA737J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2007/10国際線
JA738J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2008/06国際線
JA739J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2008/08国際線
JA740J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2008/08国際線
JA741J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2009/09国際線
JA742J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2009/10国際線
JA743J777-346ERGE90-115B247
(F8C49PY40Y147)
2009/10国際線
BOEING 777シリーズ 主要スペック
型式777-200777-200ER
全長63.7 m63.7 m
全幅60.9 m60.9 m
全高18.5 m18.5 m
最大離陸重量229.5 t294.8 t
巡航速度905 km/h905 km/h
航続距離5,000 km13,100 km
搭載エンジンPW4074・PW4077GE90-94B
エンジン推力34,900 kg X 242,500 kg X 2
機内Wi-Fi利用可能利用可能

【関連記事】
ファンブレードの構造(ホロー・ソリッド・CFRP)|型式別一覧

ひとり言:JAL904便について

・一部では機材が古いからなどという意見もあるが、個人的には機材の古さとはあまり関係がない気がする。エンジンは定期的にメンテナンスされると同時に、重大部品は飛行時間やフライト回数によって厳しく制限され新しい物に交換されている。

機齢23年というだけで、ひとくくりに古いという表現は飛行機においては違うような気がする。また、このエンジンを使用しているのはJALだけでなくANAや大韓航空、ユナイテッド航空など世界中の様々なエアラインで使用されているエンジン。

今回のトラブルは、どの航空会社で起きてもおかしくなかったのではないかと個人的に思う。現に2018年には類似の不具合がユナイテッド航空でも発生している。機材はもちろんB777-200 PW4000エンジン。

 

参考 United 777 blade failure followed prolonged gap in P&W inspection training | News | Flight GlobalFlight Global

【関連記事】
B777型機 運航停止|JAL・ANAの対象機材(2021/02/21 速報)
ファンブレードの構造(ホロー・ソリッド・CFRP)|型式別一覧
【ジェットエンジン】ファンブレードのお値段まとめました

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »