【外気温-50℃】機外の温度を測る仕組み

BOEING 747 コンプレッサーブレード|JT9D-7A エンジン

・ボーイング 747クラシックに搭載されていた、Pratt and Whitney JT9D-7A エンジンの高圧圧縮機 2段目~最終の11段目まで、まとめて紹介します。

高圧圧縮機(High Pressure Compressor)は図の紫の箇所で、高圧タービンによって駆動され吸入空気を圧縮する部分です。

 

JT9D-7A 高圧圧縮機 ブレード

BOEING 747

Pratt and Whitney JT9D-7A

High Pressure Compressor Blade 2~11

  • エンジン型式:P&W JT9D-7A
  • 最大推力:46,000 lbf(20,900 kgf)
  • 高圧圧縮機:軸流圧縮機 全11段
  • 圧力比:21.7
  • 構成:ファン1段+低圧圧縮機3段+高圧圧縮機11段+高圧タービン2段+低圧タービン4段
  • 搭載機種:ボーイング B747クラシック
  • 開発年:1972年
  • 備考:B747クラシック用に開発されたJT9D-7Aは、定格離陸推力(20.9 t)発生時には前面の大型ファン(N1)は毎分3,600回転、高圧圧縮機(N2)は毎分7,800回転で運転している。手のひらサイズのブレード1段目から徐々に圧縮された空気は最終の11段目を通過後は約20気圧・500℃という高温高圧の状態で燃焼室へ入る。

コンプレッサーブレードの詳細

・高圧圧縮機 2段~11段までの各ブレードのサイズや材質などを紹介します。

最大出力時、高圧圧縮機は毎分7,800回転で運転することで、1段目から吸入された空気は最終の11段目通過時には約20気圧・500℃という高温高圧の状態まで圧縮されます。

前段では異物突入に強く軽いチタン合金が使用されているが、圧縮熱により後段ではニッケル基耐熱超合金に材質を変更している。

(高圧1段目の紹介は用意ができ次第追加する予定です。)

高圧2段目(HPC STG2)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 2
材質チタン合金
合金名Ti-6Al-4V
サイズ110mm X 40mm
重量57.0 グラム

 

高圧3段目(HPC STG3)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 3
材質チタン合金
合金名Ti-6Al-4V
サイズ90mm X 35mm
重量30.0 グラム

 

高圧4段目(HPC STG4)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 4
材質チタン合金
合金名Ti-6Al-4V
サイズ75mm X 33mm
重量22.5 グラム

 

高圧5段目(HPC STG5)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 5
材質チタン合金
合金名Ti-8Al-1Mo-1V
サイズ65mm X 30mm
重量18.5 グラム

 

高圧6段目(HPC STG6)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 6
材質チタン合金
合金名Ti-8Al-1Mo-1V
サイズ55mm X 30mm
重量16.0 グラム

 

高圧7段目(HPC STG7)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 7
材質チタン合金
合金名Ti-8Al-1Mo-1V
サイズ50mm X 30mm
重量15.0 グラム

 

高圧8段目(HPC STG8)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 8
材質チタン合金
合金名Ti-6Al-2Sn-4Zr-2Mo
サイズ45mm X 33mm
重量17.0 グラム

 

高圧9段目(HPC STG9)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 2
材質チタン合金
合金名Ti-6Al-2Sn-4Zr-2Mo
サイズ43mm X 30mm
重量14.0 グラム

 

高圧10段目(HPC STG10)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 10
材質ニッケル基耐熱超合金
合金名Incoloy 901
サイズ42mm X 30mm
重量27.5 グラム

 

高圧11段目(HPC STG11)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 11
材質ニッケル基耐熱超合金
合金名Incoloy 901
サイズ41mm X 31mm
重量33.0 グラム

 

 

4+

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »