【360度ビュー導入】⇒ ジャンク部品を自由に鑑賞

PW4000 コンプレッサーブレード 高圧1段目|B767-300ER

ボーイング 767-300ER(PW4000 エンジン)搭載機のコンプレッサーブレード 高圧1段目を紹介します。

PW4000シリーズには、3タイプ(B747/767用・A330・B777用)ありますが、高圧圧縮機のブレードに関してはほぼ共通の形状となっています。B777用は若干改良され3D翼、高負荷型タイプの翼型となっています。

PW4060 エンジンについて

PW4000 シリーズ

Pratt and Whitney PW4060

HPC BLADE STG1

エンジン概要
型式P&W 4000シリーズ
最大推力27.2 t(PW4060)
バイパス比4.85
圧縮比29.3
部品名高圧圧縮機 1段目 ブレード
全長約18㎝
材質チタン合金
搭載機種B747-400、B767-300ER、A300-600R、MD-11

・P&W PW4000エンジンは、JT-9エンジンの後継機種として1984年4月に開発された。ほとんど新設計されたといわれるほど技術革新が進んだこのエンジンは、部品点数が従来の半分になったといわれている。

 

高圧圧縮機に関しても、段数やブレード数を削減するために高負荷型の翼が採用されている。

 

PW4000シリーズは、3タイプがラインナップされている。

 

PW4000-94:B747-400(PW4056)、767-300ER(PW4060)、A300-600R(PW4158)、MD-11(PW4460)

 

PW4000-100:A330(PW4168)

 

PW4000-112:B777(PW4077、PW4090)

 

Condor B767 D-ABUA FRA 2011-09-01 01kleinEnglish: Felix Gottwald – www.felixgottwald.net (There are 22 Pictures in my Category) [CC BY-SA 3.0 de (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/de/deed.en)]

PW4060 コンプレッサーブレードの画像

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »