那覇空港から行ける路線バス情報

【ベアバス?】ヘルパ ジャーマンウイングス A319 D-AKNO|Herpa 509107

A319‗herpa_509107

「エアバスじゃないの?」いえいえ、ベアバスです。

熊といわれればそう見えるが、いわれなければよくわからない。ドイツ ジャーマンウイングスのA319 特別塗装機。(2005年ー2011年)

Herpa 1/500 モデルプレーンとして過去に発売された商品を紹介します。

 

Germanwings A319-112 D-AKNO

・このD-AKNO、元々は1999年12月に新造されUS Airways(N727UW)にリースされていた機材。約5年間、アメリカの地を飛び回り、活躍の場をドイツへ移した。

2005年5月、ジャーマンウイングスが導入。「ベルリン・ベアバス」特別塗装機として就航開始。

エンジンには手も描いてあるが、これが”クマ”だといわれなければ何だかよくわからない個性的なベアバス A319は、2011年1月までこの斬新なカラーでドイツ周辺を飛び回った。その後は通常カラーに戻されて運航している。

 

 

機体経歴

・1999年12月新造:US Airways(登録記号 N727UW)

 

・2005年5月:ジャーマンウイングス(登録記号 D-AKNO)
”ベルリン・ベアバス”特別塗装機

 

・2011年1月:通常カラーにて運航

 

機体画像:ノーズからテール

コックピット付近

左側

垂直尾翼

A319-112(登録番号:D-AKNO)

右側

ランディングギア

 

個性的で面白いモデルプレーン

・”キャラメル色のチョイ悪ヒコーキ”、目元のブラックラインがA350の顔にも似ています。普段は、国内のエアライン模型を中心に紹介しているので、たまには異色の飛行機も面白いかと思い登場させてみました。

海外エアラインの特別塗装機は、生産が終わるとなかなか市場に出回らなくなるので、気になる方は見つけた瞬間に購入することをおススメします。

 


0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »