【動画】ボーイング777の開発 PART3(エンジン試験・ロールアウト)

太平洋横断も難なくこなす双発旅客機 ボーイング777(トリプルセブン)

設計・製造段階では様々な問題が発生し適時解決する必要がある。それは搭載されるエンジンもまた同じ。地上試験ではクリアできても上空では問題が発生する場合もある。

様々な困難を乗り越えてロールアウト・初飛行する光景に開発陣は涙。見ているこちらまで感動します。

全5巻と長く全編英語ですがB777が好きな人には満足できる内容です。

 

・この動画は、2000年頃にボーイングストアで販売されていた全5巻のシリーズとして、ビデオテープでのみ提供されDVDになることはなかった幻の作品です。

 

ボーイングの専属チームが撮影したB777開発の全てが見れる唯一の動画。普通のテレビ局の取材では絶対に見せないであろう内部を全て公開。

PART3 エンジンテスト~問題解決からロールアウトへ

動画:https://youtu.be/esmbJjK0M7Y

・組立てが進められるB777は、遂に自身のランディングギアで地上移動が可能になった。次はメインタスクとなるエンジン試験が始まる。

初号機のエンジンにはP&W PW4084が搭載される。機体搭載前に地上試験で問題を探し改良、続いてテストベット機のB747に搭載しエンジンテストが始まる。B747に搭載された試験用PW4084エンジンが離陸直後、深刻なサージを起こし火を噴く。

様々な問題を解決しロールアウトセレモニーが行われる。PART4ではいよいよ初飛行となる。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »