【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【動画】ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)747-400の重整備(Dチェック)

ボーイング747-400は、今でも根強い人気を誇る大型旅客機。数年に一度実施される重整備はどのように行われるのか。

シートや壁も全て取り外し徹底的に不具合を探し出すプロ整備士たち。座席1A近くの胴体パネルでクラックが見つかった。

ブリティシュ航空(BA)747-400の重整備にカメラが密着取材する動画を紹介。

動画の詳細

動画:https://youtu.be/x_yHtfGH0nI

・日常点検や軽整備とは違い、数年に一度実施される重整備ではシートや壁、カーペットなど全てが取り外され胴体構造に不具合がないか確認する。

また、エンジン交換やフラップなどの重要箇所も徹底的に分解されチェックが行われる。そして、不具合や改修作業があれば同時に実施。

整備スケジュールは全て厳密に時間が定められており、数十日後には再び旅客便として運航される。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »