那覇空港発着 路線バス情報

ボーイング 767-300ER ターボファン・エンジンの排気速度

B767-300ER エンジンの排気速度

・身近な中型旅客機 767-300ER、そのエンジンの排ガス速度はどれくらいなのか?

搭載されている CF6-80C2(52,000 lbf)は最大出力時、ファンによる排気が 295m/s(時速 1,062km/h)に達し推力の8割を発生する。

またエンジンコアと呼ばれる中央の排出口からは、369m/s(1,328 km/h)にもなる高速の排気ガスが噴出され推力の2割を発生する。

 

離陸時は、1秒間に802 kg(25mプール 約1.1杯分)の空気を一度に吸い込む 767-300ERのエンジン。

 

BOEING 767-300ER

・ボーイング767は、1981年に中型双発旅客機として開発されたセミワイドボディー機。座席配置が「2-3-2」の767は、窓側もしくは通路側に座れる確率が83%ということもあり乗客からの人気も高い。国内線から中距離国際線までこなせるオールラウンドモデル。

 

 

ジェットエンジンの排気の凄さがわかる動画

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »