【知的好奇心を満足させる飛行機の話】

【ジェットエンジンの点火プラグ】ボーイング747用と自動車用の大きさを比較

ジェットエンジンの点火プラグ

巨大なジェットエンジンは点火プラグも巨大だった!

・自動車から取り外した点火プラグと、ボーイング747(ジャンボジェット)の巨大なジェットエンジンで使用された点火プラグについて、比較や特徴を紹介する内容です。

Northwest 747 Freighters Ted Stevens International AirportFrank K. from Anchorage, Alaska, USA, CC BY 2.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

B747で使用された点火プラグ

ジェットエンジンの点火プラグ

・自動車用の点火プラグは中指程度のサイズですが、B747 JT9Dエンジンで使用された点火プラグと全長が15㎝と巨大なサイズ。

高温高圧環境に長時間晒される部品には、どのような材質や特徴があるのか。

ボールペンとサイズを比較(点火プラグの全長は15㎝)

シルバーの部分には、インコネルと呼ばれるニッケル基耐熱合金が使用されている。

中心電極にはタングステンが使用されている。近年の自動車用にはイリジウムが増えた。

 

点火プラグについて

  • プラグメーカー:チャンピオン製
  • 搭載機種:B747 JT9Dエンジン
  • 中心電極はタングステン(近年の自動車はイリジウム)
  • ケースの一部にインコネル等の耐熱合金が使用されている
  • エンジン作動中は1,500~2,000℃の燃焼ガスに晒される。
  • 約2,000時間(距離にして約180万km)交換不要。一般的な自動車用は約2万キロ

 

航空資料館

余談ですが、B767-200に搭載されているCF6-80Aという古いエンジンの点火プラグには、電極部に放射性物質が塗布されており、素手では触れることができなかったという話を聞いたことがあります。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »