【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【おすすめ飛行機の本 #11】図解・飛行機のメカニズム:柳生一著

11冊目の本は、著者:柳生 一 氏の【飛行機のメカニズム】を紹介します。

飛行機に取り憑かれた中の人が愛読している航空ファンに役立ちそうな飛行機の本を紹介しています。

かなり偏食趣向ですが、よろしければ覗いてみてください。

飛行機のメカニズム

本の内容は?

前作『図解・ハイテク飛行機』の続編となるこの『図解・飛行機のメカニズム』は、もっとメカの解説が欲しいという読者の要望によって発行されたもの。

前作ではページの関係で紹介できなかった構造や機体システム・エンジン・装備品・コックピット計器などを重点的に解説している。

航空機という難解なシステムを豊富な図面で読者が容易に理解しやすいようにまとめられている。

入門者はもちろん整備マニュアルから抜粋されたと思われるシステム図面などは玄人ファンも満足させる。

本の目次

  1. 機体の構造
  2. 操縦システム
  3. エンジンと燃料
  4. 機体システム

どんな人におすすめ?

これから専門書を買おうと思っている人

航空関係の入門書を色々読み、航空機のメカニズムについてもう少し深く掘り下げたい。

そのためには専門書でも!と思った方、その前にこの本を読むことをおすすめします。

内容を前作より強化、図面を増やしメカの解説を詳しく紹介しています。

航空専門書はマニュアル抜粋の詳しい図面が豊富で購入したくなりますが、入門者の段階で難しい物を購入すると挫折の原因になる場合も多々あります。

まずはこのような親切な本をおすすめします。

著者のこの言葉が気に入った!

 

読んだ人の感想

ヒコぐま

日本航空技術協会の『航空工学入門』という専門書の内容に近いよ。まずはこの本でウォームアップ!

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.5)
メカ的な面白さ
(4.0)
写真・図面の豊富さ
(4.0)
値段
(4.0)
入手性
(4.0)
買うべきか
(4.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »