那覇空港から行ける路線バス情報

全図解 ジャンボ コックピット物語【飛行機の本 #19】

ジャンボの秘密を極めてわかりやすく解き明かしてくれる』昔の日本航空の旧塗装(赤と青のストライプに鶴マーク)を覚えている人には懐かしく感動ものの本になるかもしれない。

 

全図解 ジャンボ コックピット物語

目次

  1. ビームライン
  2. オペレーションセンター
  3. コックピット
  4. 空港
  5. メカ
  6. ファミリー
  7. ジャンボ
  8. サービス
  9. 着陸

 

本の内容

時代はヨーロッパまで行くのにアンカレッジ経由でポーラールートを飛行していた時までさかのぼる。

当時、B747-300という画期的な飛行機が登場しヨーロッパまでシベリアルートを通りノンストップで行けるようになった。

今では双発機で難なく行ける時代となったが、当時は考えられないほどの技術革新だった。B747-300で成田からパリ行きの様子を時系列にまとめたのが本書。

一部カラー写真があり当時の成田空港の雰囲気やJALのオペレーションを知ることができる。

 

こんな人におすすめ

ジャンボが好き・日本航空が好きという人

B747-300がジャンボの最新型として導入された時代、これを懐かしく感じる方には最高の一冊となるはず。

当時、日本航空の国際線は成田空港第1ターミナルから出発だった。

ジャンボといえば日本航空、日本航空といえば鶴マークといわれるほど世界的に認知度が高いJALの翼。

その過去を読み直すのもわるくない。

 

航空資料館

懐かしい当時の写真がいっぱい、資料としても価値も十分あります。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.0)
メカ的な面白さ
(4.0)
写真・図面の豊富さ
(4.0)
値段
(4.0)
入手性
(2.0)
買うべきか
(3.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »