【飛行機の本 #37】航空工学講座7 タービンエンジン:日本航空技術協会

『飛行機はエンジンがあるから空を飛べる』とはいっても、なぜジェットエンジンが力を出せるのか?どんな仕組みで作動しているのか?説明するのは簡単そうで難しい。

この本は、航空整備士の受験参考書でありながら、航空入門者の疑問を解決できるよう構成・解説された専門書です。

37冊目の本は、日本航空技術協会発行の【航空工学講座7 タービンエンジン】を紹介します。

 

飛行機に取り憑かれた中の人が愛読している航空ファンに役立ちそうな飛行機の本を紹介しています。

 

航空メカニズムに関する書籍が多いのですが、よろしければ覗いてみてください。

航空工学講座7 タービンエンジン

本の内容は?

送迎デッキから見る旅客機のターボファンエンジンの外観はシンプルな形状をしていますが、内部は想像以上に複雑極まりない精密な機械。

離陸・上昇時は、性能の限界近くで作動するエンジン。長距離便となると14~15時間もの間ずっと高温に晒される耐久力。

航空エンジンは飛行中に停止することは絶対に許されない。それも地上0mから12000mという気圧・温度ともに環境は目まぐるしく変化する。

このような過酷な環境で使用される航空用タービンエンジンの作動原理・各構成部品の解説・安定運転する技術などを一冊にまとめた参考書がこの『タービン・エンジン』という本です。

本の目次

  1. 航空エンジンの分類と特徴
  2. エンジンの概念
  3. 熱力学
  4. タービン・エンジンの概要
  5. タービン・エンジンの出力
  6. タービン・エンジン本体の基本構成要素
  7. タービン用燃料および滑油
  8. タービン・エンジンの各種系統
  9. タービン・エンジン材料
  10. エンジンの試運転
  11. エンジンの状態監視手法
  12. 環境対策

どんな人におすすめ?

ジェットエンジンの基礎について専門的に学んでみたい人

 

著者のこの言葉が気に入った!

本書が、航空機やエンジンの整備に携わっておられる方や技能証明資格を取得される方、エンジンに興味を持っておられる方に少しでも役立つことがあれば幸いです。

読んだ人の感想

ヒコぐま

航空整備士学科試験ガイドに従って記述されている参考書。航空ファンが全てマスターしたら横にいるマニアは何もいえない(笑)

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(3.0)
メカ的な面白さ
(3.0)
写真・図面の豊富さ
(3.0)
値段
(3.0)
入手性
(3.0)
買うべきか
(3.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »