【路線バス情報】瀬長島・かりゆし水族館

【おすすめ飛行機の本 #4】飛行機雑学辞典:河崎俊夫著

表紙を飾る妙な飛行機!これは斜め翼実験機として実際に飛行した実験機。

過去にはリング翼機や原子力飛行機なるものが計画・実験されていた。これらは失敗機ではなく当時は今ほど強力な材料がなく、また高速で高度な空力設計ソフトがなく断念したという経緯がある。

4冊目の本は、著者: 河崎俊夫氏の【飛行機雑学辞典】を紹介します。

飛行機雑学辞典

本の内容は?

現在の技術なら妙な形の飛行機も実現が可能かもしれない。

そう語るのは著者:河崎俊夫氏でタイトルは『雑学』であるが、内容は空気力学からエンジン・構造・航空材料・将来の飛行機など幅広く扱っている。

飛行機の揺れが苦手という方はぜひ航空酔いを防ぐの章をおすすめする。

結局、今も昔も航空の基礎技術は同じ!そう実感させられる一冊です。

本の目次

  1. よい飛行機とは
  2. 飛行機はなぜ落ちたか
  3. 自由自在に飛ぶ
  4. むずかしい離着陸
  5. 軽くて強い機体
  6. 飛行機のエンジン
  7. 新しい飛行機を求めて
  8. 航空酔いを防ぐ
  9. 公害のない飛行機を目指して

どんな人におすすめ?

斬新なアイディアに行き詰っている研究者

たまには原点回帰。過去に研究された斬新すぎる飛行機・空力的に飛行は不可能とされた機体も今の技術なら実現可能かもしれない。

再び見直すことで現状を打破する解決策に繋がるかも。

空飛ぶダイヤモンドと揶揄され空気力学的に飛行は不可能とされたF-117 ステルス戦闘機。しかし、強力なコンピュータの力を借りたフライバイワイヤー操縦システムは、機体を見事に安定飛行させたということを思い出してほしい。

著者のこの言葉が気に入った!

飛行の原理はライト兄弟による1903年の初飛行以来なんら変わっていない。しかし、これをいかに有効に行うかが大問題、これが技術というものである。

読んだ人の感想

ヒコぐま

斬新なアイディアは過去の研究者達の知恵に詰まっているかも。ドーナツ翼が実現できたら空港の様子は今と変わるかな。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.0)
メカ的な面白さ
(3.5)
写真・図面の豊富さ
(2.5)
値段
(3.5)
入手性
(4.0)
買うべきか
(3.5)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »