【急上昇】機内で流れる集BGM集

図解 ボーイング787 vs エアバスA380:青木 謙知 著【飛行機の本 #15】

超大型A380はエンジンが4発もある。経済的に不利では…しかし、A380で100km飛行した場合、旅客一人当たりの燃料消費量はわずか3.3リットル程度。

 

図解 ボーイング787 vs エアバスA380

目次

  1. 787とA380の開発
  2. 787とA380の機体技術比較
  3. ボーイングの新超大型機747-8
  4. エアバスの新中型機A350XWB

 

本の内容

誰もが一度は聞いたことがあるだろう最新鋭旅客機 ボーイングB787と総二階建のエアバスA380という飛行機。

形が違うことは一目でわかる。しかし、設計のコンセプトや機体システムはどう違うのかと聞かれるとなかなか難しい。

両機は開発しているメーカーも違えば国も違う。そんな対比関係の機体をわかりやすくまとめたのが本書。

発売から少し経過しているが、個人的には今だから読み返したい一冊。

発刊当初、総二階建てエアバスA380は海外エアラインのみが採用。国内のメディアで取り上げられる機会は限られていた。

しかし、2019年からANAがA380を採用するということで、同一エアラインのB787とA380の両方に搭乗することが可能となった。

だからこそ今もう一度読み直して違いを理解しておきたい。

 

航空資料館

人間のほうが燃費が悪いのか?管理人は5kmマラソンの間に、1リットルの水を飲みます。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.5)
メカ的な面白さ
(3.0)
写真・図面の豊富さ
(3.0)
値段
(4.0)
入手性
(4.0)
買うべきか
(3.5)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »