【360度ビュー導入】⇒ ジャンク部品を自由に鑑賞

【飛行機の本 #46】ボーイング747-400 1991年6月別冊 (エアワールド)

ボーイング747-400が初飛行した1988年はどんな時代だったのか!国内でも活躍したB747ジャンボジェット、その最新型-400が空の王者となった1990年代という時代をこの1冊で振り返る。

※1988年4月29日:PW4000エンジンを搭載したボーイング 747-400の1号機が初飛行。

46冊目の本は、エアワールド発行の【ボーイング747-400 1991年6月別冊 (エアワールド) 】を紹介します。

 

飛行機に取り憑かれた中の人が愛読している航空ファンに役立ちそうな飛行機の本を紹介しています。

 

航空メカニズムに関する書籍が多いのですが、よろしければ覗いてみてください。

ボーイング747-400 1991年6月 (エアワールド)

本の内容は?

・いまでは見ることができないエアライン各社の旧塗装。最初の数ページはこのような貴重な写真で始まる。当時、1990年代は『ハイテク』という言葉が流行っていた。

B747ジャンボもアナログの計器から、テレビのようなブラウン管を使用したグラスコックピットに改良。今では常識の『ウイングレット』はまさにハイテク機の象徴でもあった。

また、超大型機ジャンボを2人で乗務させるという今では極自然のことが、当時は大問題となっていた。安全性は大丈夫なのか?どのように運航するのか?訓練方法は?

本書も、このような技術的な視点で詳細に説明されていて面白い。

古い本なのでなかなか出回っていないが、見つけたら購入して読む価値がある。

きっと、古くて新鮮!という体験ができるはず。

 

本の目次

  1. カラー写真 BOEING747-400
  2. 747の歩み
  3. -400の機体概要
  4. -400の各型
  5. 747-400 発注/引渡しリスト
  6. 要因の訓練
  7. 2人乗務の考察
  8. B747-400 ビデオソフト
  9. SKY Cruiser
  10. Close Up Dash 400
  11. 4発停止からの帰還
  12. シアトル訪問記
  13. ボーイング旅客史
  14. 面図 ボーイング747-400

どんな人におすすめ?

大量高速輸送時代を築いたジャンボの技術と歴史を調べている人

 

著者のこの言葉が気に入った!

 

読んだ人の感想

ヒコぐま

中の人はジャンボマニア、ANAのB747-400Dラストフライトを今でも思い出しながら模型で遊んでいるよ(笑)

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.0)
メカ的な面白さ
(4.0)
写真・図面の豊富さ
(4.0)
値段
(2.0)
入手性
(2.0)
買うべきか
(4.0)
1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »