【外気温-50℃】機外の温度を測る仕組み

【コラム】ボーイング B737のいまからとこれから

・JTA(日本トランスオーシャン航空)が2016年から導入を進めている B737-800 。数日前にJA12RKが那覇に到着した。これで導入予定の12機全てが揃ったことになる。

退役するB737-400の後継機として、これから活躍する機体として注目されている。

一方、老朽化するB737-700や-800(NGシリーズ)の後継機種として、ANAがB737 MAX 8を2021年以降に導入すると発表し話題となっている。

この発表は私にとっても衝撃のニュースだった。

新しいとばかり思っていたB737NGシリーズがまさかの『老朽化』というキーワード。もうそんな年月が過ぎたのか・・・

思い返せばANAにB737-700が導入されたのが2005年、『ゴールドジェット』の名で大々的にアピールされ登場した。

もう世代交代を計画する時期なのかとしみじみ

『いまから』と『これから』が交差している空港で飛行機を眺めた一日だった。

※『ゴールドジェット』は既に過去の機体となり、JA01ANはAIR DOで、JA02ANはANAカラーに戻され現在も活躍している。

 

【那覇空港】

・撮影場所:沖縄県那覇市鏡水150 (那覇空港 送迎デッキ)

・機材:JTA(日本トランスオーシャン航空)B737-800 JA04RK

※ANA JA01AN、JA02AN(過去画像から)

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »