【JTWC】台風12号進路情報

那覇空港のLCC乗り場が便利に!飛行機撮影スポットも増えた!

・2019年3月18日より、那覇空港のLCC(ピーチ、バニラエア)乗り場が移転し、便利でスムーズなチェックインができるようになりました!

これに伴い、約6年5ヶ月続いていたLCCシャトルバス利用による不便な貨物ターミナルからの搭乗はなくなりました。

国内線と国際線の間にできた新ターミナル【連結ターミナル施設(2階~4階)】には、フードコートや『ゆいにち ストリート(YUINICHI STREET)』と呼ばれる商業施設もオープン。

航空ファンに嬉しい情報としては、撮影場所が増えた!ということ。後ほど詳しく紹介します。

 

ピーチ・バニラエア LCCのチェックイン場所について

・これまで、那覇空港でピーチやバニラエアといったLCCを利用するには、国内線ターミナルビルから旧LCCターミナルに移動する必要があり、アクセスはシャトルバスのみという不便さが6年5ヶ月続いていました。

繁忙期には満席の到着便が3~4便と重なり、沖縄に着いても旧LCCターミナルビルから外に出られず、10分間隔で運行しているバスに乗るために、1時間という長蛇の列に並ぶ必要がありました。

しかし、2019年3月18日『連結ターミナル施設』開業に伴うLCCターミナル移転により、バスでの移動は不要となりました。

 

2019年3月18日 新LCCターミナルが開業

・2019年3月18日、那覇空港 国内線ビルと国際線ビルの間に新ターミナル『連結ターミナル施設(2階~4階)』が開業しました。

これに伴い、peach(ピーチアビエーション)Vanilla Air(バニラエア)が新ターミナルビル内に移設。

LCC乗り場が国内線ビル内に移転したことで、JALやANAの搭乗と同じように、モノレールや空港駐車場、各種高速バスで直接アクセス可能となり大変便利になりました。

ピーチ・バニラエアのLCCチェックイン場所

国内線ターミナルの3階には、JAL/JTAやANA、スカイマーク、ソラシドエア、ジェットスターのカウンターが並んでいますが、ピーチやバニラエアも同じ3階フロアでチェックインが可能となりました。

※国際線の各エアラインカウンターも同一フロア3階に移転されています。

国際線も連結ターミナル 3階へ移転

【国際線カウンター】も連結ターミナル3階に

・連結ターミナルの開業に伴い、国内線と国際線(航空各社)のチェックインカウンターが全て3階に直線的にまとめられました。

全てのカウンターが1つのフロアにまとめられたことで、利便性が高くなり海外観光客の人達も迷わずチェックインしているように見えました。

 

【ふくぎホール】ではイベントも開催

・3階には、他にも『ふくぎホール』と呼ばれるホールが設置されています。この日もイベントが開催されていました。

 

2階【ゆいにちストリート(YUINICHI St)】は商業施設

・2階に下りると、【ゆいにちストリート(YUINICHI St.)】と呼ばれる商業施設もオープンしていました。

出発前の時間を利用した多くの観光客で賑わっていました。

フードコートは3階と4階

・フロア3階と4階にはフードコートがあり、これまで那覇空港にはなかった店舗が入っています。

一例をあげると、マクドナルド・サブウェイ・吉野家・はなまるうどん・ステーキハウス88、他にはアイスクリームなど。

那覇空港の飛行機撮影スポットが増えた!

・連結ターミナルの開業に伴い、これまで撮影が困難だった35番・36番に駐機するANA機、新しくできた37番・41番スポットに駐機している航空機の撮影が可能になりました。

他にもRWY18使用時には、着陸機が真横を通過したり地上走行する航空機の撮影も可能になりました。

※午後は逆光になるので、午前中がおすすめです。

3階 【ふくぎホール】裏

・3階 ふくぎホール裏側にある展望ホールからは、スポット35番・36番・37番に駐機する飛行機が撮影できました。

各フードコートの窓からも撮影可能

・フードコートで食事をしながらでも気軽に飛行機撮影が可能。何時間でも滞在したくなるほど快適でした。

まとめ:大きく便利に変わった那覇空港

・今まで国内線・国際線・LCCターミナルが全て離れていて利便性が悪かった那覇空港が、2019年3月18日の【連結ターミナル】のオープンによってとても快適な空港へと変わりました。

飛行機に乗る利便性はもちろん、飛行機を撮影する航空ファンにも大変楽しい施設となりました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »