【疑問解決】気になる飛行機の発電能力

ありがとうジャンボ JAL BOEING 747-400【飛行機の本 #44】

1990年『スカイクルーザー』という名で登場したJAL(日本航空)のB747-400。グラスコックピットやウイングレットを装備したハイテク機として当時の航空ファンを魅了した。

 

ありがとう、ジャンボ JAL BOEING 747-400

目次

  1. The Arc of The Sun 2002-2011
  2. Jumbo Freighter 2004-2010
  3. TSURUMARU 1990-2002
  4. Last Days
  5. 747-400最後のメッセージ(機長・副操縦士・整備士)
  6. Final Guide
  7. Paint&Marking
  8. Seat Catalogue&Instructions
  9. Cabin Arrangements
  10. JAL B747-400

 

本の内容

JAL(日本航空)は数多くのB747を運用していることで有名だった。全盛期にはその数100機以上と世界屈指のジャンボオペレーターでもあった。

全機退役の2011年までの21年間、多くの乗客・貨物を日々大量輸送し日本経済を支え続けた存在でもあった。

また、国内・海外旅行をより身近なものに変えたのも『ジャンボジェット』だった。

これほど多くの人に愛され惜しまれながら退役した飛行機はB747だけだろう。そのジャンボの勇姿・魅力を一冊に凝縮したのがこのメモリアル写真集。

 

航空資料館

JAL B747-400を、1990年の就航からの2011年のラストまでずっと追い続けていました。現代の最新鋭機も色々魅力はありますが、やっぱり好きな飛行機といえばジャンボが個人的には一番です。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(5.0)
メカ的な面白さ
(5.0)
写真・図面の豊富さ
(5.0)
値段
(5.0)
入手性
(3.0)
買うべきか
(5.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »