【錆びない超合金】B747-400 キーホルダーの話

ロールスロイス ジェットエンジンの歴史書|THE HISTORY OF THE RB211(飛行機の本 #82)

ジェットエンジンRB211の本

世界で最も効率的な大型航空機エンジン】とされているロールス・ロイス Trent XWB エンジン。独自の3軸設計、最新のファンシステムにより初期のトレントシリーズと比べても15%燃費が向上している。

その高性能・大型ターボファンエンジンのTrent XWBも歴史をたどると、ロッキード トライスターで活躍したRB211シリーズまで遡る。

今回紹介するこの本は、RB211の誕生秘話(ハイフィル:CFRP複合材ファンブレード、目標推力値 42,000lbを下回る34,200lbからどのように改良を重ねたのか)など、様々な困難の末に誕生したRB211エンジンの技術物語を、335枚にも及ぶ当時の貴重な写真(ブループリント等を含む)やイラストを用いて解説した洋書です。

近年稀に見るとても贅沢な技術歴史書を紹介します。

 

航空資料館

純粋にRB211-22や-524シリーズの話なので、トレントシリーズを勉強したい方には物足りないと思います。しかし、Trentのルーツでもあるので個人的には読む価値はある本だと思います。

最新のTrent XWBエンジンもルーツは53年前に開発されたRB211までさかのぼる

THE HISTORY OF THE ROLLS-ROYCE RB211 TURBOFAN ENGINE

・ロッキード L-1011(トライスター)用のエンジンとして、1967年から開発がスタートしたRB211エンジン。

その時代、大型ターボファンエンジンの分野はまだまだ手探りの状態だった。アメリカ P&WがB747用に前代未聞の45,000lb級のエンジン開発に挑戦、GEが大型輸送機C-5用のTF39エンジンの製造に着手していた。

その2社に対抗する画期的なエンジンを目標にRRは、独自の3軸設計、ハイフィルと呼ばれるCFRP製ファンブレードなどを盛り込んだ高効率・軽量・低燃費なエンジン開発に着手。

しかし、鳥や雹などの異物突入試験にクリアできなかったハイフィル・ファンブレード、効率65%という計画の85%に達しない高圧タービン、目標推力の42,000lbに対して最大34,200lbと大きく下回るエンジン。

その苦境の中、1970年に退職したスタンレイ・フッカー博士が呼び戻され状況は改善されていく。計画値に満たないノズルガイドベーンやタービンブレードの形状や材質を変更することで、推力は向上し計画推力の43,000lbを超える推力が得られた。

このエンジンの潜在能力は高く、ファン径はそのままで中圧段の改造のみでB747クラシックやB767用にも通用する50,000lb級まで引き上げることが可能とわかり開発に着手。

この3軸構造を採用したエンジンコアの性能は大変すばらしく、後のトレントシリーズにまで継承され今に至る。

今から53年前に設計されたRB211のDNAは、2020年 Trent XWBのコアにも引き継がれ飛躍的な進化を遂げている。

 

RB211Trent XWB
最大推力42,000lb(19トン)95,000lb(43トン)
ファン バイパス比5.09.6
圧力比2750
高圧タービン入口温度1,215℃1,627℃
巡航中燃費比率0(基準)-20%(RB211に対して)
エンジン構成3軸式3軸式
搭載航空機ロッキード L-1011 トライスターAirbus A350

 

内容

第1章 Historical Background

第2章 Launch of the RB211

第3章 Evolution of the RB211 design and the technical

第4章 Challenge and finamcial

第5章 RB211-06 and RB211-22 design

第6章 RB211-22 -22C and -22B design

第7章 RB211-06 and -22 development

第8章 RB211-22 -22C and -22B development

第9章 Performance

第10章 Lockeed programme

第11章 RB211-22C and -22B service

第12章 RB211-22C and -22B problems

第13章 RB211-524 and -535 derivatives

第14章 The Trent family

第15章 The RB211 legacy

 

本について

THE HISTORY OF THE ROLLS-ROYCE RB211 TURBOFAN ENGINE
・著者:Philip C Ruffles CBE,FRS,FREng 
・価格:£30(日本円 約4,000円前後)
・Size:29.5X21.0X2.0cm
・ページ: 326

 

この本について紹介している動画がこちら

・YouTubeでジェットエンジンの解説をされている、Agent jayZさんがこの本について解説しています。

 

購入方法

・購入方法は少しだけ複雑です。簡単便利なamazonでは販売していないようです(2020/10 現在)

当サイトでは、ロールスロイスの公式サイトにて注文し、日本へ発送してもらいました。

オーダー方法

・注文用紙を手紙で発送

・電子メール

・電話

支払い方法

・Paypalによる支払

送料

・送料は無料でしたが、日本まで25日とかなり時間がかかりました。

その他

・会員価格(Rolls-Royce Heritage Trust メンバー)と一般価格があり、£10の差があります。

 

読んだ人の感想

航空資料館

貴重な写真や図面・イラストの多い歴史技術資料です。RB211エンジンに興味がある方は満足できる本だと思います。個人的には、手軽に買えるamazonでも取り扱ってほしいアイテムです。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(5.0)
メカ的な面白さ
(5.0)
写真・図面の豊富さ
(5.0)
値段
(5.0)
入手性
(2.0)
買うべきか
(5.0)
2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »