【疑問解決】気になる飛行機の発電能力

WARBIRD TECH : SR-71(ブラックバードの技術書)【飛行機の本 #85】

WARBIRD_TECH_SR-71

SR-71(ブラックバード)は、ケリー・ジョンソン率いる極秘開発チーム(スカンクワークス)によって設計された、銃弾よりも速いM3.2で飛行可能な高高度戦略偵察機。

本書『WARBIRD TECH SR-71』は、航空機のマニュアルから抜粋された三面図やイラスト、極秘に進められた組立てラインのクローズアップ写真などが数多く掲載されている。

 

WARBIRD TECH : SR-71 BLACK BIRD

本の目次

  1. SUNTAN,GUSTO and KINGFISH
  2. THE CIA’s OXCART
  3. ADVANCED MANNED INTERCEPTER
  4. DRONES OVER CHINA
  5. THE SENIOR CROWN
  6. FULL COLOR SECTION
  7. BYE,BYE BLACKBIRDS
  8. RESURRECTION

 

本の内容

高高度戦略偵察機SR-71は、1964年12月に初飛行した。1950年代後半にロッキードの開発チーム「スカンクワークス」によって設計されたA-12を改良した機体。

ブラックバードシリーズは、合計50機製造された。

  • SR-71A:29機
  • SR-71B:2機
  • SR-71C:1機
  • A-12:12機
  • M-21:2機
  • A-12B:1機
  • YF-12A:3機

 

かつて、日本の嘉手納基地にも1968年3月~1991年まで配備され、北ベトナム・中国・朝鮮半島・旧ソ連の偵察任務を行っていた。1970年代は連日連夜の任務飛行が行われることもあった。

銃弾よりも速い、ニューヨーク・ロンドン間を1時間55分で飛行したという公式記録もある。エンジンや機体材質・空力設計などあらゆるものが全て最先端で最高軍事機密だったSR-71。

本書では、当時の希少な写真を織り交ぜながらメカニカルな視点で解説する。

ほとんどのページがモノクロ、ページ数は104と少ないのが残念なポイントですが、SR-71(ブラックバード)の飛行写真や組立ての様子などが掲載された希少な資料です。

 

航空資料館

1980年代終わりまで、嘉手納基地でもSR-71を見ることができました。夜間になると動き出し、轟音と共に飛び立つ姿は昼間の姿とは一転、どこか不気味さを感じる姿に変貌する。現在の嘉手納基地は、昔に比べて静かになったと個人的には思います。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(5.0)
メカ的な面白さ
(3.0)
写真・図面の豊富さ
(4.0)
値段
(1.0)
入手性
(1.0)
買うべきか
(4.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »