【KADENA AIR BASE】⇒ HPCON Level "C"

CFM56-3C1のファンブレード|B737-400・B737-500

・ボーイング B737クラシックと呼ばれる(B737-400やB737-500)に搭載されていたCFM56-3エンジンのファンブレードを紹介します。

 

CFM56-3C1 エンジンについて

BOEING 737-400/-500

CFM International CFM56-3C1 Engine

FAN BLADE

エンジン概要
型式CFM International CFM56-3C1
最大推力10.5 t
ファン直径1.53m
ファンブレード長0.50m
ブレード枚数38枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比4.8
圧縮比25.7
搭載機種Boeing 737-300/737-400/737-500

・B737に搭載されているCFM56エンジンは、B-1爆撃機に搭載されているGE F101エンジンのコアが流用されているのは有名な話。では、こんな話はご存じだろうか。

 

CFM56-3のファンブレード形状は、GE CF6-80C2※1エンジンのファンと瓜二つといえるくらいそっくりということ。もちろん縮尺は違うが、スナバーの位置・先端の翼型・プラットフォームの形状まで類似している点が多い。

 

離陸出力時のファンブレード先端周速度も、CFM56-3(415m/s)、CF6-80C2(410m/s)※1と大差はない。一部のマニアの間で話題となった両者の離陸サウンドが似ているという話はそれが理由なのかもしれない。

※1 CF6-80C2ではなくCF6-80Aのダウンスケール版ということがわかりましたので訂正します。(CF6-80AはB767-200やA310のエンジンで-50シリーズからの派生型です。)

情報ソース:CFM The power of flight 306ページより

CFM56-3C1 ファンブレードの画像

ファンブレード全長:約50㎝

ミッド・スパン・シュラウド

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式CFMI:CFM56-3C1
ブレードタイプスナバー付 ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長500 mm
全幅170 mm
重量1,800 g

※若干の測定誤差はご了承ください。

関連動画

10+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »