ジェットエンジンに宿るエンジェル

タービンブレードのネックレス(単結晶 耐熱超合金)

タービンブレードネックレス

人間の寿命以上に輝き続ける超合金|旅客機エンジンのタービンブレードネックレス

今回の過去物レビューは、ジェットエンジンの高温高圧という地獄のような環境の中で、1万時間以上も耐え抜いた「タービンブレード」と呼ばれる羽根をカットして作られたネックレスを紹介します。

 

 

タービンブレード・ネックレス

・ネックレストップに使われているニッケル基耐熱超合金(単結晶)のタービンブレードは、カットする位置によって断面の模様やサイズが微妙に変化します。

そのため、アクセサリーになった場合には二つとして同じものは存在しないという魅力がある。

また、日常生活ではほとんど見る機会のない幾何学的な断面形状も人気の秘密。

 

お互いが同じ趣味の場合、ペアネックレスとして使うこともでき実際に使っている人もいる。

このような旅客機の部品を再利用したアクセサリー品は、過去に何度か発売されていた。ラインナップされた品は、キーホルダー・チョーカー・ネックレス・Zippoなど実に様々。

エアラインのショッピングサイトで不定期に発売されたり、フリマやオークションサイトで新品同様の中古品が出品されることもあるので気になる方はチェックしてみてください。

廉価版のメッキタイプと違い、このような鏡面加工されたタイプは日常生活では錆とは無縁。人間の寿命以上に輝き続けるとさえ言われています。

 

 

タービンブレードとは・高温高圧の燃焼ガスを受けて風車のように回転力を発生させる部品。現代のジェットエンジンが置かれている環境は、地獄の様相だと表現される場合もある。

役目を終えて廃棄されたブレードは焼け焦げて真っ黒な状態だが、手作業による丁寧な加工が施されるとプラチナのような貴金属のように光り輝く。

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »