【B737-800】コックピットの突起が意外な効果

【航空ジャンク⑥】大型旅客機の客室窓を見分ける方法

・航空ジャンクの定番パーツともいえる飛行機の窓は、多くの飛行機マニアが1枚は持っているといわれるほど人気の高い部品。

しかし、機種不明で判別ができずに困っているという人も多いという。今回はその客室窓の見分け方についての紹介です。

 

旅客機の窓について

・高高度を巡航中の機内は、与圧により胴体やドアなどに大きな力が加わっています。それは窓も同じ。30センチの正方形に約500kgの力が機内から外へ向かってかかっていると言われています。

 

そのため、旅客機の客室窓にはストレッチ・アクリルという分子方向を整列させ割れに強くした材料が使用されています。

形状で見分ける

・どれも同じように見えるアクリル窓ですが、縁の部分にある勾配を見るだけで、ボーイングとエアバスの見分けは簡単にできます。

ボーイング機の窓(アウターペーン)

Boeing777 アウターペーン

エアバス A320の窓(アウターペーン)

A320 アウターペーン

・ボーイング機(737・747・767・777)の窓は、縁が緩やかな傾斜となっていますが、エアバス機(A320)は段がついているような形状になっています。

用途で見分ける

・旅客機の客室窓は、基本的に3枚で構成されています。

①:外気に直接ふれる外側の窓(アウターペーン)

②:アウターペーンが割れた際のバックアップが内側窓

③:乗客が普段触れているアクリル製の保護窓

これらは全て形状や厚さが違うので見分けも簡単です。

①:外側窓(アウターペーン)

・外気に直接晒され大きな力を受け持つアウターペーンは厚みがあり、先ほど説明した縁に勾配がついています。

Boeing 777 外側窓

②:内側窓

・内側窓は、通常時は力が加わることはありません。窓の下側に1ヵ所だけ小さな空気孔があいているのが特徴。厚さはアウターペーンの約半分で縁に勾配もありません。

エアバス A320の内側窓

③:保護窓

・保護窓は普段機内で触る事ができるアクリル窓。あくまで①・②窓の保護用なので薄く頼りない感じがします。

ボーイングとエアバスはサイズが違う

・機体メーカーによって客室窓のサイズにも違いがあります。乗り比べをすると、エアバスA320の窓はボーイング機に比べて小さい気がしますが、実際かなりサイズが違います。

下の画像はB777とA320を比較したものです。

エアバスとボーイングの窓サイズ比較

機種別に見る客室窓

Boeing 777(初期タイプ)

Boeing 777(クリスタルビューコート)

Boeing 767-300

Boeing 747-400

Airbus A320

まとめ:与圧機と非与圧機

・どれも同じように見える旅客機の窓ですが、実際に手にとって見ると色々違いがあります。ただ、ボーイング(737・747・767)は共通部分があまりに多く見分けるのが難しい窓です。

ジャンク市で客室窓を購入する際のポイントは窓の縁を見ることです。今回紹介したような密着型はほとんど旅客機です。厚みの違いでジェット機かターボプロップを見分けることもできます。

これに対して窓の縁にボルトの取り付け穴が多数あいているものは非与圧機(プロペラ機)の可能性が高い窓です。

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »