【飛行機のエアコンはフロンガス不要なぜ?】

【航空ジャンク③】飛行機部品の購入方法

悩む!航空ジャンク部品の購入方法。航空入門者の多くが悩む『あの機体の部品が欲しい』『一度でいいからパーツを手にしてみたい』でも、どこで買えるの?

今回は、ジャンク部品の購入方法についてです。

航空ジャンク市

・成田空港近くにある航空科学博物館では、毎年3月と9月に航空シャンク市が開催されています。このイベントは、全国各地から多くの航空ファンが集まる日本で一番規模が大きなジャンク市です。

販売される商品数は3000を越えるといわれ、ジャンク品の種類も【コックピットの計器、シート、ミールカート、エンジン部品、プロペラ、機体部品(窓、アンテナ、ピトー管、その他)、空港関連】など数え切れないほどの品が販売されている。

また、ミニチュアモデルプレーン(1/400・1/500サイズ)などもジャンク扱いで激安販売され大人気となっています。

 

空の日イベント(エアラインや空港が開催する催し)

空の日(9月20日)記念として、毎年 9月・10月・11月に全国各地の空港で様々なイベントが開催されています。

そのイベントで不定期に開催されるのがエアラインによるチャリティーバザーや航空機廃品パーツ即売会、退役記念スクラップパーツセールといったジャンク市です。

販売される品数や種類は少なめですが、何といっても日頃利用しているエアラインの飛行機で使用されたスクラップ部品が購入できることが魅力の一つ。

どの空港で開催されるのか情報が少なく、不定期またはイベント内容に記載されていないということもあります。たまたま空港でこのようなイベントに遭遇すると、ライバルが少ないのでゆっくりと品定めしながら購入できる場合もあります。

タイミングがよければ、整備士の方に直接質問できるのも嬉しいポイント。

 

奥:CF6-80C2の燃焼器部品 Boeing 767:窓

オークション・フリマサイト

・家庭で不要になった品を売買するのが、オークションサイトやフリマサイトと呼ばれるネット上の個人間取引き。

オークションサイトは基本的に入札という形式で高値の人が落札するシステム。一方、フリマサイトは最初から販売価格が設定されており、買う方が納得なら即決するというもの。

このようなサイトの魅力が何かというと、自分が行けなかったイベントや催しで販売されていた物、過去に販売され現在では購入不可能な物と巡り会えるチャンスがあるということ。希少なお宝が激安で出品される確率も高い。

ただし、飛行機に興味がない方が出品している場合が多く、質問しても詳しい回答はあまり得られない。自分の知識だけがレアアイテムをゲットできる鍵を握っています。

一方、オークション形式の場合にライバルが現れると、ヒートアップして競い合いになり相場よりかなり高く購入してしまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

タイトルを鵜呑みにしない

・ネット取引では時々【純粋に間違い?適当に?】タイトル付けされている物があるもの事実です。回避策は自分自身が知識を身に付ける以外ありません。

慣れてくると、守備範囲の部品なら『機種不明・用途不明』でも商品画像が2,3枚あれば【〇〇のエンジン・型式は△△・場所は××】といった感じで特定できるようになります。逆に、この飛行機にこの部品は絶対にありえないと見抜くこともできます。

エアライン公式ショップ

エアラインの公式ショッピングサイトでも数年に一度くらいのサイクルでメモリアルオブジェなどの商品名でスクラップパーツが販売されることがあります。

販売時期は全くの不明。また、販売された場合も人気商品のため蒸発するかのごとく品切れになる場合が多い。常にサイトを確認しなければ買い逃す恐れがある。

販売価格については、ジャンク相場の2倍程度、物によっては10倍という高額な価格設定となる場合があります。

しかし、行列に並ばず購入・経歴が保証・お気に入りのエアラインの機体部品が購入できるというのは大きな魅力です。

 

日本航空:DC-8 JA8001 富士号の主翼外板と縦通材の置物

ANA:B747-400 退役記念 CF6-80C2 タービンブレードオブジェ

まとめ:SNSやサイトで流れた時点で情報は古い

SNSやサイトで流れてきた時点でその情報はもう古い。

これは世に中の全てにあてはまることですが、情報が自分の元に届いた時点でライバルは既に知っていると思った方がよいでしょう。

不定期のチャリティー販売の情報もSNSで流れた時点でアウト。当日は長蛇の列&買えない可能性が非常に高くなります。逆に、終了後にSNSに流れるくらいひっそりとしたイベントも中にはあります。

SNSが遅いという過去の事例を一つ紹介します。

747-400退役記念オブジェの販売時のことです。特に何もアナウンスがないまま突然11:00頃にその商品が公式ショッピングサイトに登場しました。

しかし、航空ファンは販売されることを数日前から何となく予感していました。販売ページが更新された瞬間、アクセスが集中しサイトはパンク寸前。

わずか15分程で売切れ。トップの新着情報の更新を待つ間もなく特設ページだけで販売終了という凄まじいネット上の戦いでした。

その後、午後か夕方にフェイスブックで公式サイトから販売開始のお知らせがありましたが時すでに遅し。

ライバルの多いコレクション収集では、情報を待つ受け身ではなく、貪欲に毎日でもサイトを巡回する心持ちが必要。

ちなみに、世の中にはアプリの自動通知よりも何故か早く嗅ぎつける強者もいますのでご注意を。

 

ジェットエンジンのファンブレードとタービンブレードの違い:ヤフオク 航空ジャンク市

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »