那覇空港発着の路線バス情報

【L-1011 トライスター】RB211-22B ファンブレード

RB211_トライスター_ファンブレード

ロッキード L-1011 「トライスター」に搭載されていた、RR RB211-22Bのファンブレードを紹介します。

過去にはANAの機材としても導入されていた3発ジェット旅客機。

3つのエンジンをオリオン座に見立てたその姿は、どの角度から見ても美しく多くの航空ファンを魅了した。

 

ANA L-1011 JA8508 itmSpaceaero2, CC BY-SA 3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

RR RB211-22B エンジンについて

Lockheed L-1011 TriStar

Rolls Royce
RB211-22B

FAN BLADE

エンジン概要
型式Rolls Royce
RB211-22B
最大推力42,000 lbf
(19,068 kgf)
ファン形式スナバ―付 ファンブレード
ファン直径2.15 m(84.8 in)
ファンブレード長0.797 m
アスペクト比3.5:1
ブレード枚数33枚
ブレード材質チタン合金
構造鍛造 ソリッドタイプ
バイパス比4.89
全体圧力比25
搭載機種Lockheed L-1011-1/-100

・1960年代、RRは世界初のターボファンとなった「コンウェイ」を大幅に改良した高バイパス比ターボファンの研究を行い、その実証エンジンとしてRB178-16(推力27,000 lbf級・BPR 2.3)の試験運転に成功した。

 

しかし、-16は低バイパス比であり将来的に高バイパス化が予想されたことから、幅広い推力に容易に変更可能・効率が良い・軽量という特徴を兼ね備えた3軸方式が検討された。これが、現代のTrent 1000やXWBにも採用されている3軸式の原点だといわれている。

 

このような研究の中で誕生した3軸式・高バイパス・ターボファン(RB178・RB207)を使って、ロッキードL-1011に搭載可能なRB211-06の開発がスタートし、1968年には試験運転が行われた。

 

しかし、目標値に達しない推力不足に加え、RB211-06の大きな特徴でもあった複合材製「ハイフィル」のファンブレードが異物突入の試験にパスできなかった。

 

複合材製のファンを使う大きなメリットは軽量化だった。もし成功していれば、他社の同推力エンジンのファン部より30%も軽く、エンジン全体では10%以上も軽いはずだった。

 

結局、ハイフィルは中止となりライバル社と同じチタン合金による鍛造ブレードがRB211-22に装備された。トライスターに装備された-22Bは、当時「最も静かで」「軽量で燃費が良く」「推力重量比が高い」エンジンとされていた。

 

 

【関連動画】

L-1011に関連した動画を自動取得しています。タイトルと内容が違う場合があります。

重くて巨大なファンブレード

・RB211-22Bのファンブレードは長さ79.7㎝・重さ7.4kgとなっており、JT9D(76㎝・重さ 3.6kg)やCF6-50(72㎝・重さ 4.2kg)と比べてもかなり重い。

その重いという欠点は、ブレードを保持するファン・ディスクにも遠心荷重として作用する。

離陸回転時(3,900 rpm)、その強大な遠心力はブレード1枚あたり60トンにも達するといわれており、ファンディスクはブレード33枚分の荷重に耐える頑丈さが必要。

欠点となるほど巨大で重い-22Bのファンだが、それは将来の推力増大を予測して設計されていた。

長距離型のL-1011(-200~-500)や、B747クラシックには50,000 lbf級の推力が必要とされたが、ファン径をほとんど変えることなく(僅か1インチ)、10,000 lbfの推力増大を短期間で達成。RB211-524シリーズとしてラインナップされた。

 

RB211-22B ファンブレードの画像

ファンブレードのサイズ

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式RB211-22B
ブレードタイプスナバ―付 ソリッドタイプ
ファンブレード
材質チタン合金
全長797 mm
最大幅250 mm
重量7.4 kg

 

RB211シリーズ スペック

rb21122b-スペックRolls Royce RB211-22B スペックと概要|L-1011 エンジン

 

Rolls Royce RB211-524B/C/D スペックと概要|B747/L-1011 エンジン
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »