【那覇空港発着】路線バス情報

A340-500/-600 エンジン Rolls Royce Trent 500 のスペックをディープに解説 ⑦

エアバス A340-500/-600用のエンジン、Rolls Royce Trent 500の概要とスペックについて紹介します。

これまで、A340-200/-300にはCFM56-5Cシリーズのエンジンが搭載されていたが、胴体延長と超長距離路線での運航を目指す-500/600には、従来のCFM56では対応が難しいとされTrent 500が選定された。

Trent 500の開発では、Trent 700/800や8104(デモンストレーター)の技術が導入された。

 

Rolls Royce Trent 500 の概要

Iberia A340-600 Rolls-Royce Trent 500 enginesBernal Saborio G. (berkuspic), CC BY 2.0, via Wikimedia Commons

Trent 500シリーズ モデル

Trent 553:55,780 lbf(248.1 kN)
Trent 556:58,462 lbf(260.1 kN)
※2000年12月 EASA認証

Trent 553A2:55,780 lbf(248.1 kN)
Trent 556A2:58,462 lbf(260.1 kN)
Trent 560A2:61,902 lbf(275.3 kN)
※2003年2月 EASA認証


ファン(FAN)

・Trent 700と同一のファン径 2.474m(97.4 in)

ブレード枚数は26枚

ファン形状は空力設計が見直され最適化がフォワード・スウェプトではなく、従来の中空ワイドコード・ファンブレードとなっている。

Trent 800のコアをスケールダウン、小型のコアに大型のファンを装備したことでバイパス比は7.5となった。

中圧圧縮機(IPC)

・軸流式圧縮機(8段)

可変インレットガイドベーン、1段・2段は可変静翼。

基本的な構造は80%サイズにスケールダウンしたTrent 800のコア

IPC動翼は8104(デモンストレーター)の3次元空力設計が適用されている。

スケール縮小に伴い、IP軸を9,100rpm(100%)まで増速(Trent 800のIP軸は7,500rpm)

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(6段)

空力設計はIP段と同様の技術を採用

全体圧力比は34.8~36.3

HP軸も同じくスケール縮小に伴い、13,300rpm(100%)まで増速(Trent 800のIP軸は10,611rpm)

燃焼室

・シングル アニュラ型

燃料ノズル20本

材質:ニッケル基耐熱合金

交換可能な遮熱タイルがライナー内側全体に貼られている。

高圧タービン(HPT)

・高圧タービンは単段タイプ

動翼は第2世代 単結晶(CMSX-4)

Trent 800のHPTを90%サイズに変更

内部空冷構造翼

翼表面(腹側)のフィルム冷却を強化

動翼シュラウドの冷却を強化

新世代のセラミック遮熱コーティング

中圧タービン(IPT)

・単段、シュラウド付きブレード

動翼の材質は第2世代 単結晶(CMSX-4)

低圧タービン(LPT)

・5段構成

High-Lift翼(高揚力化翼型設計)が適用された低圧タービン動翼

LPTの長さはTrent 800より短い

燃料制御

・FADEC

アクセサリー

・各種ポンプ、機体側(発電機、油圧ポンプ)駆動用ギアボックス、エンジンコアからギアを介し 10,615rpmで入力、出力は2,000~22,000rpm、全補器類の駆動には約671馬力(500kw)必要。

競合エンジン

Rolls Royce Trent 500 スペック

A6-ERF Airbus A340 Emirates (7604169374)aeroprints.com, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

Rolls-Royce(ロールスロイス)
型式 Trent 500 Series
搭載機種 A340-500/600
形式 3軸式 ターボファン・エンジン
構成 1-8-6-1-1-5
(Fan-IPC-HPC-HPT-IPT-LPT)
離陸推力
最大推力 [553]:55,780 lbf(248.1 kN)
[556]:58,462 lbf(260.1 kN)
[553A2]:55,780 lbf(248.1 kN)
[556A2]:58,462 lbf(260.1 kN)
[560A2]:61,902 lbf(275.3 kN)
バイパス比 7.5~7.6
ファン圧力比(FPR)
全体圧力比(OPR) 34.8~36.3
ファン空気流入量 [553] : 1,897 lb/s (860 kg/s)
[556] : 1,939 lb/s (879 kg/s)
コア空気流入量
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力 10,700 lbf
4,857 kgf)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.539
(35,000ft M0.82)
回転数(100% rpm)  
ファン(FAN) 3,900 rpm
中圧軸(IP) 9,100 rpm
高圧軸(HP) 13,300 rpm
ファン
ファン直径 2.47 m(97.4 in)
ファン枚数 26 枚
形状 中空(拡散接合)
ワイドコード
材質 チタン合金
圧縮機
ファン 1段
中圧軸 8段
高圧軸 6段
燃焼室
燃焼器タイプ シングル アニュラ型
燃料ノズル 20本
燃料制御 FADEC
タービン
高圧段 1段
中圧段 1段
低圧段 5段
サイズ
型式 Trent 500 Series
全長 3.93 m
ファン直径 2.47 m(97.4 in)
重量 10,660 lb
 推力重量比  5.23~5.80
運用開始 2000年

※一部のデータはEASAから

※TSFCや材質は一般的に公開されている情報です。公開できない事項や調査中のものは[ー]で表記しています。


ジェットエンジンのスペック解説 【32タイプ】旅客機エンジンのスペックをディープに解説

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »