那覇空港から行ける路線バス情報

Rolls Royce Trent XWB スペックと概要|A350 エンジン

エアバス A350用のエンジン、Rolls Royce Trent XWBの概要とスペックについて紹介します。

エアバスA350は、A330/A340の後継機として開発された新世代の機体。

XWBエンジンは、Trent 1000の技術をベースに開発された推力( 75,000~97,000 lbf)のモデルで、従来のTrent 700/800の後継エンジン。

 

Rolls Royce Trent XWB の概要

Rolls-Royce Trent XWB Fan, ILA 2018Matti Blume, CC BY-SA 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

Trent XWBシリーズ モデル

・Trent XWB-75:74,200 lbf(330.0 kN)
・Trent XWB-79:78,900 lbf(351.0 kN)
・Trent XWB-79B:78,900 lbf(351.0 kN)
・Trent XWB-84:84,200 lbf(374.5 kN)
※2013年2月 EASA認証

・Trent XWB-97:97,000 lbf(431.5 kN)
※2017年8月 EASA認証


ファン(FAN)

・ファン直径118 in(3.00m)、22枚の中空フォワード・スウェプト形 ファンブレードが採用されている。

この形状は、高回転時に発生する衝撃波が隣接するブレードに与える影響を抑えると同時に、ブレードチップ側の失速を防止。効率改善とファン騒音を低減。

バイパス比は9.6と、Trent 1000と比べると若干低い。

中圧圧縮機(IPC)

・軸流式圧縮機(8段)、可変インレットガイドベーン、1段・2段は可変静翼、ブリスク構造

全体圧力比の高圧化、機体への抽気(ブリードエア)など、高負荷化によってIPCを駆動するタービンに要求される駆動力も増加したことから、IPTは2段となった。

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(6段)、3D翼形状により最適化、全体圧力比は最大出力時 50に達する。

Trent 1000と同様、カウンターローテーション(同軸逆回転)が採用されている。

エンジン後方から見て、高圧軸は時計回り、ファン及び中圧軸は反時計回りとなったことで、コア内部の空力効率が大幅に改善された。また、部品数の削減やジャイロモーメントの低減などのメリットがある。

燃焼室

・Trent 1000などの新しい技術が適用されたシングル アニュラ型燃焼器、燃料ノズル18本、材質:ニッケル基耐熱合金、点火プラグ 2本、耐熱タイル、低NOx・低公害型の燃焼室。

高圧タービン(HPT)

・高圧タービンは単段タイプ、3次元空力設計翼、回転方向は時計回り(エンジン後方から見て)

新しい世代の単結晶材料、動翼シュラウドの冷却を強化、TBCコーティング

中圧タービン(IPT)

・Trentシリーズ初となる2段構成、IPCの高圧化・高負荷化に対応、3次元空力設計による翼型、新世代のコーティング

100%回転時 Trent 1000(8,937 rpm)に対して8,200rpm、回転方向は反時計回り(エンジン後方から見て)

これまで、Trent 700~1000までIPTは常に増速傾向にあったが、XWBでは回転数が落とされた。

低圧タービン(LPT)

・High-Lift翼(高揚力化翼型設計)が適用された低圧タービン動翼、ノズルや動翼の数を削減、回転方向は反時計回り(エンジン後方から見て)

84,000から97,000 lbfへの推力増強は、ファンと直結しているLPTの回転数を6%増速で対応。

逆推力装置

・油圧式 カスケード タイプ

燃料制御

・FADEC(ヘルスモニタリング、マネージメント機能が追加)

アクセサリー

・これまで、アクセサリー(補器類)は高圧軸によって駆動されていたが、Trent 1000以降~XWBでも中圧軸からの駆動に変更された。

競合エンジン

・なし

Rolls Royce Trent XWB スペック

Rolls-Royce(ロールスロイス)
型式Trent XWB Series
搭載機種Airbus A350-900/1000
離陸推力
最大推力[XWB-75]:74,200 lbf(330.0 kN)
[XWB-79]:78,900 lbf(351.0 kN)
[XWB-79B]:78,900 lbf(351.0 kN)
[XWB-84]:84,200 lbf(374.5 kN)
[XWB-97]:97,000 lbf(431.5 kN)
バイパス比9.6
ファン圧力比(FPR)
全体圧力比(OPR)50.0
ファン空気流入量 ー
コア空気流入量
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.475
(ー)
回転数(離陸出力時)[XWB-84] 
ファン(FAN)2,649 rpm (98.1%)
中圧軸(IP)8,200 rpm (100%)
高圧軸(HP)12,272 rpm (97.4%)
回転数(離陸出力時)[XWB-97]
ファン(FAN)2,816 rpm (104.3%)
中圧軸(IP)8,413 rpm (102.6%)
高圧軸(HP)12,575 rpm (99.8%)
ファン
ファン直径3.00 m(118 in)
ファン枚数22 枚
形状中空(拡散接合)
フォワード・スウェプト型
材質チタン合金
圧縮機
ファン1段
中圧軸8段
高圧軸6段
燃焼室
燃焼器タイプシングル アニュラ型
燃料ノズル18本
燃料制御FADEC
タービン
高圧段1段
中圧段2段
低圧段6段
サイズ
型式Trent XWB Series
全長4.48 m
ファン直径3.00 m(118.0 in)
重量16,028 lb
 推力重量比 4.68~6.06
運用開始2013年

※一部のデータはEASAから

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »