【KADENA AIR BASE】⇒ HPCON Level "C"

CFM56 シリーズ エンジン スペック・諸元表

・CFMI(CFMインターナショナル)は、アメリカ GE(ゼネラル エレクトリック)とフランス Snecma(スネクマ)の共同出資により誕生したベンチャー企業で1974年にCFM56シリーズの販売を開始。

推力8トン~15トンクラスと幅広く対応する中型エンジンを製造している。

主に使用されている機種は、ボーイング 737シリーズ・エアバス A320が半数を占めている。また、CFM56シリーズ 最強推力の-5CシリーズはA340で使用されている。

競合するIAE V2500エンジンとはライバル関係となっている。

生産に関しては、GEが高圧圧縮機・燃焼室・タービンなどのエンジンコアを担当、Snecmaがファン・低圧部・ギアボックスを担当。CFMIが販売となっている。

CFM56のコア技術は、B-1B爆撃機用F101が転用されていた為、1972年の会社設立時は輸出問題などで様々な遅れとなっていた。

CFM56シリーズは、民間から軍用まで使用される大ベストセラーエンジンとなっている。

ジェット機が就航している空港なら、1日1回以上はCFM56サウンドが聴けるというほど有名なエンジン。信頼性・メンテナンスコスト・定時出発率の高さからエアラインには人気。

 

CFM56シリーズのスペック

CFMI(CFMインターナショナル)
型式CFM56-3C1CFM56-5ACFM56-5B4CFM56-5CCFM56-7B24
搭載機種B737-400
B737-500
A320A320A340B737-700
B737-800
エアラインJTA・ANAANA・SFJANA・バニラ・ピーチJAL・ANA・AirDo・ソラシド
離陸推力
最大推力23,500 lbf
(10,575kgf)
25,000 lbf
(10,340kgf)
27,000 lbf
(12,000kgf)
31,200 lbf
(14,152kgf)
24,200 lbf (10,800kgf)
バイパス比4.86.05.76.45.3
全体圧力比25.726.532.631.532.6
空気流入量710 lb/s
(322 kg/s)
852 lb/s
(386 kg/s)
897 lb/s
(407 kg/s)
1,027 lb/s
(466 kg/s)
754 lb/s
(342 kg/s)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf)0.330.330.340.320.37
巡航推力
巡航推力5,370 lbf
(2,438kgf)
5,000 lbf
(2,270kgf)
5,000 lbf
(2,270kgf)
7,100 lbf
(3,223kgf)
5,480 lbf
(2,488kgf)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf)0.6670.5960.5450.5450.627
ファン
ファン直径1.53 m1.73 m1.74 m1.83 m1.55 m
ファン枚数38 枚36 枚36 枚36 枚24 枚
形状スナバー付きブレードスナバー付きブレードスナバー付きブレードスナバー付きブレードワイドコード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)チタン合金(Ti-6Al-4V)チタン合金(Ti-6Al-4V)チタン合金(Ti-6Al-4V)チタン合金(Ti-6Al-4V)
圧縮機
低圧段3段3段4段4段3段
高圧段9段9段9段9段9段
燃焼室
燃焼器タイプアニュラ型アニュラ型アニュラ型アニュラ型アニュラ型
オプション(ダブルアニュラ)(ダブルアニュラ)
タービン
高圧段1段1段1段1段1段
低圧段4段4段4段5段4段
回転数(100% rpm)
ファン・低圧側 回転数(N1)5,179 rpm5,000 rpm5,000 rpm4,784 rpm5,175 rpm
高圧側 回転数(N2)14,460 rpm14,460 rpm14,460 rpm14,460 rpm14,460 rpm
サイズ
型式CFM56-3C1CFM56-5ACFM56-5B4CFM56-5CCFM56-7B24
全長2.36 m2.51 m2.60 m2.62 m2.50 m
ファン直径1.53 m1.73 m1.74 m1.83 m1.55 m
重量1,950 kg2,206 kg2,500 kg2,588 kg2,377 kg
      
運用開始1986年1987年1994年1993年1997年

 

CFM56ブレードの大きさ

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »