【JTWC】台風・熱帯低気圧情報

CFM56 シリーズ エンジン スペック・諸元表

・CFMI(CFMインターナショナル)は、アメリカ GE(ゼネラル エレクトリック)とフランス Snecma(スネクマ)の共同出資により誕生したベンチャー企業で、1974年にCFM56シリーズの販売を開始。推力8トン~15トンクラスと幅広く対応する中型エンジンを製造している。

主に搭載されている機種は、ボーイング 737シリーズ・エアバス A320が半数を占めている。また、CFM56シリーズ 最強推力の-5CシリーズはA340で使用されている。

生産に関しては、GEがエンジンコア(高圧圧縮機・燃焼室・タービン)、Snecmaがファン・低圧部・ギアボックスを製造。

 

CFM56シリーズのスペック

CFMI(CFMインターナショナル)
型式 CFM56-3C1 CFM56-5A CFM56-5B4 CFM56-5C CFM56-7B24
搭載機種 B737-400
B737-500
A320 A320 A340 B737-700
B737-800
エアライン ANA・SFJ ANA・ピーチ JAL・ANA・AirDo・ソラシド
離陸推力
最大推力 23,500 lbf
(10,575kgf)
25,000 lbf
(10,340kgf)
27,000 lbf
(12,000kgf)
31,200 lbf
(14,152kgf)
24,200 lbf (10,800kgf)
バイパス比 4.8 6.0 5.7 6.4 5.3
全体圧力比 25.7 26.5 32.6 31.5 32.6
空気流入量 710 lb/s
(322 kg/s)
852 lb/s
(386 kg/s)
897 lb/s
(407 kg/s)
1,027 lb/s
(466 kg/s)
754 lb/s
(342 kg/s)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf) 0.33 0.33 0.34 0.32 0.37
巡航推力
巡航推力 5,370 lbf
(2,438kgf)
5,000 lbf
(2,270kgf)
5,000 lbf
(2,270kgf)
7,100 lbf
(3,223kgf)
5,480 lbf
(2,488kgf)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf) 0.667 0.596 0.545 0.545 0.627
ファン
ファン直径 1.53 m 1.73 m 1.74 m 1.83 m 1.55 m
ファン枚数 38 枚 36 枚 36 枚 36 枚 24 枚
形状 スナバー付きブレード スナバー付きブレード スナバー付きブレード スナバー付きブレード ワイドコード
(中実タイプ)
材質 チタン合金(Ti-6Al-4V) チタン合金(Ti-6Al-4V) チタン合金(Ti-6Al-4V) チタン合金(Ti-6Al-4V) チタン合金(Ti-6Al-4V)
ファンブレード形状      
圧縮機
低圧段 3段 3段 4段 4段 3段
高圧段 9段 9段 9段 9段 9段
燃焼室
燃焼器タイプ アニュラ型 アニュラ型 アニュラ型 アニュラ型 アニュラ型
オプション (ダブルアニュラ) (ダブルアニュラ)
タービン
高圧段 1段 1段 1段 1段 1段
材質 Rene 125
(DS)
N5
(SC)
N5 N5 N5
低圧段 4段 4段 4段 5段 4段
回転数(100% rpm)
ファン・低圧側 回転数(N1) 5,179 rpm 5,000 rpm 5,000 rpm 4,784 rpm 5,175 rpm
高圧側 回転数(N2) 14,460 rpm 14,460 rpm 14,460 rpm 14,460 rpm 14,460 rpm
サイズ
型式 CFM56-3C1 CFM56-5A CFM56-5B4 CFM56-5C CFM56-7B24
全長 2.36 m 2.51 m 2.60 m 2.62 m 2.50 m
ファン直径 1.53 m 1.73 m 1.74 m 1.83 m 1.55 m
重量 1,950 kg 2,206 kg 2,500 kg 2,588 kg 2,377 kg
           
運用開始 1986年 1988年 1994年 1993年 1997年

【新しいスペック情報はこちら】

CFM56-2 スペックと概要|DC-8-70・KC-135R エンジン

CFM56-3 スペックと概要|B737-300/400/500 エンジン

CFM56-5A スペックと概要|A320ceoファミリー エンジン

CFM56-5B スペックと概要|A320ceoファミリー エンジン

CFM56-5C スペックと概要|A340 エンジン

CFM56-7B スペックと概要|B737-600/700/800/900 エンジン

CFM LEAP-1A スペックと概要|A320neo/A321neo エンジン

CFM LEAP-1B スペックと概要|B737MAX エンジン

 

雑学:CFM56-5B/-7Bのコア
CFM56-5シリーズの運用開始は、 -5A1(1988年)→-5C2(1993年)→-5B1(1994年)→-7B22(1997年)となっておりA,B,Cという順ではない。そのため、A320ceoやB737NGに使用されているCFM56-5Bや-7Bは、-5Cからの派生型コアが使用されている。しかし、現在活躍している機材のエンジンが、そのまま古い-5Bや-7Bコアというわけではなく、2011年以降に適用されたPIP(Performance Improvement Package)によって、-5B/Pや-7BEと呼ばれる型式へと変更されている。興味深いことに、ベースとなった-5Cのコアにも-5B/Pの技術が逆に適用され-5C/Pと呼ばれる性能向上型もある。

参考画像:A320ceo CFM56-5B

 

\\気になる方はぜひチェック//

CFM56エンジンが好きな人におすすめの本|CFM The Power of Flight

CFM56-7Bエンジン【全53シリーズ】型式番号からここまで追える

CFM56ブレードの大きさ

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »