那覇空港発着の路線バス情報

RR トレント 1000、XWB エンジン スペック・諸元表

・ボーイング 787やエアバス A350に搭載されている Trent エンジンを開発・製造しているロールスロイスは、ジェットエンジンの世界三大メーカーの一社。あの高級車でお馴染みの会社。

1971年、ロッキード トライスター用のRB211エンジンでは、画期的な3軸式エンジン(他社は2軸が一般的)を採用。構造は複雑になるが、それぞれの軸を適切な回転数で運転できることから、高効率・高信頼・軽量という特徴がある。

2軸式に比べて、3軸式は推力増大やバリエーションをリスクが少なく開発できるメリットもある。

RB211以来、現在のB787やA350・A380に使用されている Trent エンジンにも、この3軸式が継承されている。

 

RR Trent シリーズ スペック一覧

Rolls-Royce(ロールスロイス)
型式Trent 772Trent 892Trent 970Trent 1000-ATrent XWB-84
搭載機種A330-200/-300B777-200ER
B777-300
A380-800B787-8(国際線)/-9(国内線)A350-900
エアラインANAANAJAL
離陸推力
最大推力71,100 lbf
(32,279 kgf)
91,300 lbf
(41,450 kgf)
75,150 lbf
(34,118 kgf)
69,194 lbf
(31,414kgf)
84,200 lbf (38,226 kgf)
バイパス比4.895.747.810.89.3
全体圧力比36.839.635.85050
空気流入量1,978 lb/s
(898 kg/s)
2,720 lb/s
(1,234 kg/s)
2,481 lb/s
(1,126 kg/s)
2,450 lb/s
(1,112 kg/s)
3,100 lb/s
(1,407 kg/s)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力11,500 lbf
(5,221kgf)
13,000 lbf
(5,902kgf)
10,000 lbf (4,540kgf)
TSFC 燃料消費率(lb/hr/lbf)0.5650.5570.53
35,000ft M0.8235,000ft M0.83
離陸出力時 回転数(100% rpm)
ファン・低圧側
回転数(LP)
3,900 rpm3,300 rpm2,900 rpm2,683 rpm2,700 rpm
中圧側回転数(IP)7,000 rpm7,000 rpm8,300 rpm8,937 rpm8,200 rpm
高圧側 回転数(HP)10,611 rpm10,611 rpm12,200 rpm13,391 rpm12,600 rpm
ファン
ファン直径2.47 m2.79 m2.79 m2.85 m2.99 m
ファン枚数26 枚26 枚24 枚20 枚22 枚
形状中空(第二世代)
ワイドコード
中空(第二世代)
ワイドコード
中空(第三世代)
ワイドコード
中空(第三世代)
ワイドコード
中空(第三世代)
ワイドコード
材質チタン合金
(Ti-6Al-4V)
チタン合金
(Ti-6Al-4V)
チタン合金
(Ti-6Al-4V)
チタン合金
(Ti-6Al-4V)
チタン合金
(Ti-6Al-4V)
圧縮機
ファン1段1段1段1段1段
中圧段8段8段8段8段8段
高圧段6段6段6段6段6段
燃焼室
燃焼器タイプアニュラ型アニュラ型アニュラ型アニュラ型アニュラ型
タービン
高圧段1段1段1段1段1段
中圧段1段1段1段1段1段
低圧段4段5段5段6段6段
サイズ
型式Trent 700Trent 800Trent 900Trent 1000Trent XWB84
全長3.91 m4.37 m4.36 m4.77 m5.800 m
ファン直径2.47 m2.79 m2.79 m2.85 m3.00 m
重量4,789 kg5,947 kg6,276 kg5,936 kg7,270 kg
      
運用開始1995年1997年2002年2007年2013年
0

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »