【JTWC】台風・熱帯低気圧情報

A330 エンジン Trent 700 のスペックをディープに解説 ②

エアバス A330-200/-300用のエンジン、Rolls Royce Trent 700の概要とスペックについて紹介します。

元々、B777用のTrent 800エンジンと共通のコアで設計されたTrent 700は、試験段階から80,000 lbfの推力を軽く超えていた。

その強力なコアエンジンのパワーを抑えて使用することで、ライバルエンジンを上回る長寿命が得られた。

またRB211から使われている3軸方式は、ファン・中圧軸・高圧軸を理想的な回転速度で動作させることが可能。これは燃費の良さに直結する。

 

Rolls Royce Trent 700 の概要

V5-ANO Air Namibia Airbus A330-243 @ Frankfurt Rhein-Main International (FRA EDDF) 02.09.2016 (39309505700)Oliver Holzbauer, CC BY-SA 2.0, ウィキメディア・コモンズ

Trent 700シリーズ モデル

Trent 768:67,500 lbf(300.3 kN)
※1994年1月 EASA認証 A330-341

Trent 772:71,100 lbf(316.3 kN)
※1994年3月 EASA認証 A330-342

Trent 772B:71,100 lbf(316.3 kN)
※高温・高地型

Trent 772C:71,100 lbf(316.3 kN)
※ETOPS180対応(2006年4月)


ファン(FAN)

・26枚の中空ワイドコード・ファンブレード

中空ファンは超靭性加工と拡散接合によって製造

第一世代(RB211-535E4およびV2500)の中空内部はチタン製のハニカムコアによって補強されていたが、Trent700からは第二世代となるウォーレン・ガーダー構造に変更された。この改良によって、ファンブレードの重量は約15%軽量化された。

中圧圧縮機(IPC)

・軸流式圧縮機(8段)

可変インレットガイドベーン、1段・2段は可変静翼

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(6段)

V2500のHPCがベース

コア空気流量 325 lb/s(最大出力時)

燃焼室

・シングル アニュラ型(低NOx型 燃焼室)

燃料ノズル24本

材質:ニッケル基耐熱合金

点火プラグ 2本

燃焼室内壁にセラミック遮熱コーティング(TBC)

高圧タービン(HPT)

・高圧タービンは単段タイプ

動翼には第二世代 単結晶(CMSX-4)が使われている。

内部空冷構造翼

翼表面にはフィルム冷却孔及び遮熱コーティング(TBC)が施されている。

中圧タービン(IPT)

・単段、無冷却ブレード

材質:第二世代 単結晶(SC)CMSX-4

低圧タービン(LPT)

・4段構成、3次元空力設計翼

排気ノズル

・ファン/コア排気 ミキサー型ノズル

逆推力装置

・油圧式 ブロッカードア タイプ(4枚)

燃料制御

・FADEC

アクセサリー

・各種ポンプ類、機体側(発電機、油圧ポンプ)駆動用のギアボックス。

高圧軸(HP)とはギアとドライブシャフトを介し接続。HP側の回転数を27,000rpmまで増速して入力。ギアボックスからの出力は、様々な補器類の駆動に必要な回転数(2,000~22,000rpm)に変速される。

全補器類の駆動には約577馬力(430kw)必要。

競合エンジン

・PW4000-100シリーズ

・GE CF6-80E1

 

Rolls Royce Trent 700 スペック

A6-DCA Etihad Airways Airbus A330-243F (31902400564)Shadman Samee from Dhaka, Bangladesh, CC BY-SA 2.0, ウィキメディア・コモンズ

Rolls-Royce(ロールスロイス)
型式 Trent 700 Series
搭載機種 A330-200/300
形式 高バイパスターボファン・エンジン
構成 1-8-6-1-1-4
(Fan-IPC-HPC-HPT-IPT-LPT)
離陸推力
最大推力 [768]
67,500 lbf(30,645 kgf)
[772]
71,100 lbf(32,279 kgf)
バイパス比 5.0~5.1
ファン圧力比(FPR)
全体圧力比(OPR) 33.7~35.5
ファン空気流入量 [768]
1,981 lb/s (898 kg/s)
[772]
2,027 lb/s (919 kg/s)
コア空気流入量 [768]
325 lb/s (147 kg/s)
[772]
338 lb/s (153 kg/s)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力 12,000 lbf
(5,448 kgf)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.565
(35,000ft M0.82)
回転数(100% rpm)  
ファン(FAN) 3,900 rpm
中圧軸(IP) 7,000 rpm
高圧軸(HP) 10,611 rpm
ファン
ファン直径 2.47 m(97.4 in)
ファン枚数 26 枚
形状 中空(第二世代)
ワイドコード
材質 チタン合金
圧縮機
ファン 1段
中圧軸 8段
高圧軸 6段
燃焼室
燃焼器タイプ アニュラ型
燃料ノズル 24本
燃料制御 FADEC
タービン
高圧段 1段
中圧段 1段
低圧段 4段
サイズ
型式 Trent 700 Series
全長 3.91 m
ファン直径 2.47 m(97.4 in)
重量 10,550~10,460 lb
 推力重量比  6.39~6.79
運用開始 1994年

※一部のデータはEASAから

※TSFCや材質は一般的に公開されている情報です。公開できない事項や調査中のものは[ー]で表記しています。


【日本の旅客機】 機体&エンジン をディープに解説

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »