那覇空港から行ける路線バス情報

Rolls Royce Trent 800 スペックと概要|B777 エンジン

ボーイング B777-200/300用のエンジン、Rolls Royce Trent 800の概要とスペックについて紹介します。

20世紀最大の双発大型ジェット旅客機 トリプルセブン。その原動力となる3社のうちの1社です。

Trent 800の最大の特徴はその軽さだった。

GE90が重さ約7.5トン、PW4090が約7.4トン、Trent 800は約5.9トン。この差はペイロードや航続距離に直結する。

これほどまでに軽く作れたのは、3軸構造だったから。各シャフトが効率的な回転で運転できたことから、ブレードの段数が他の2軸エンジンと比較して少なかった。

 

Rolls Royce Trent 800 の概要

9V-SQI - c-n 28530 - 777-212ER - Singapore Airlines - Singapore - Changi (8392103750) (cropped)Edwin Leong, CC BY-SA 2.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

Trent 800シリーズ モデル

・Trent 875:74,600 lbf(331.9 kN)
※1995年1月 EASA認証

・Trent 877:77,200 lbf(343.4 kN)
※1995年1月 EASA認証

・Trent 884:88,950 lbf(377.9 kN)
※1995年1月 EASA認証

・Trent 892:91,600 lbf(407.5 kN)
※1996年11月 EASA認証

・Trent 892B:91,600 lbf(407.5 kN)
※1997年4月 EASA認証

・Trent 895:95,000 lbf(422.6 kN)
※1999年6月 EASA認証

・Trent 884B:88,950 lbf(377.9 kN)
※1999年11月 EASA認証


ファン(FAN)

・26枚の中空ワイドコード・ファンブレード、超靭性加工と拡散接合による製造、内部はチタン製のハニカムコアからウォーレン・ガーダー構造に変更。従来のワイドコードと比較して約15%軽量化。

ファン径が2.474m(Trent 700)から2.794m(110 in)に大型化。

離陸時には 3,300rpmで回転するファン、吸入する空気量は1秒間に1.1トンを超える。

※基本構造はTrent 700と同じ。

中圧圧縮機(IPC)

・軸流式圧縮機(8段)、可変インレットガイドベーン、1段・2段は可変静翼。

ファン圧力比とコア流入空気量の増大に伴い、中圧軸の最大回転数を500rpm増大させ7,500rpmに変更した。

※基本構造はTrent 700と同じ。

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(6段)、V2500のHPCがベース、コア空気流量 393 lb/s(最大出力時)

※基本構造はTrent 700と同じ。

燃焼室

・シングル アニュラ型、燃料ノズル24本、材質:ニッケル基耐熱合金、点火プラグ 2本、低NOx型 燃焼室、TBCコート、高温化に伴い耐久性を増大

高圧タービン(HPT)

・高圧タービンは単段タイプ、動翼は第2世代 単結晶(CMSX-4)による内部空冷構造翼、翼表面(腹側)の中央フィルム冷却孔を2列に変更、動翼シュラウドの冷却を強化、TBCコーティング

中圧タービン(IPT)

・単段、無冷却ブレード、第3世代 単結晶 CMSX-10(RR3000)、中圧圧縮機 高負荷化に伴うブレードの耐久性向上。

低圧タービン(LPT)

・5段構成、3D設計翼型

排気ノズル

・ディフューザー型ノズル

逆推力装置

・油圧式 カスケード タイプ

燃料制御

・FADEC

アクセサリー

・各種ポンプ、機体側(発電機、油圧ポンプ)駆動用ギアボックス、高圧軸と接続、ギアを介し 27,000rpmで入力、出力は2,000~22,000rpm、全補器類の駆動には約671馬力(500kw)必要。

競合エンジン

・P&W PW4000-112シリーズ(PW4084、PW4090)、GE GE90シリーズ

Rolls Royce Trent 800 スペック

Rolls-Royce(ロールスロイス)
型式Trent 800 Series
搭載機種B777-200/200ER/300
離陸推力
最大推力[875] : 74,600 lbf(33,868 kgf)
[877] : 77,200 lbf(35,049 kgf)
[884/884B] : 84,950 lbf(38,567 kgf)
[892/892B] : 91,600 lbf(41,586 kgf)
[895] : 95,000 lbf(43,130 kgf)
バイパス比5.8~6.2
ファン圧力比(FPR)1.81
全体圧力比(OPR)34.5~41.6
ファン空気流入量[875] : 2,467 lb/s (1,119 kg/s)
[895] : 2,664 lb/s (1,208 kg/s)
コア空気流入量[892] : 388 lb/s (176 kg/s)
[895] : 393 lb/s (178 kg/s)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力13,500 lbf
(6,129 kgf)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.557
(35,000ft M0.82)
回転数(100% rpm) 
ファン(FAN)3,300 rpm
中圧軸(IP)7,500 rpm
高圧軸(HP)10,611 rpm
ファン
ファン直径2.79 m(110 in)
ファン枚数26 枚
形状中空(第二世代)
ワイドコード
材質チタン合金
圧縮機
ファン1段
中圧軸8段
高圧軸6段
燃焼室
燃焼器タイプシングル アニュラ型
燃料ノズル24本
燃料制御FADEC
タービン
高圧段1段
中圧段1段
低圧段5段
サイズ
型式Trent 800 Series
全長4.37 m
ファン直径2.79 m(110.0 in)
重量13,400 lb
 推力重量比 5.56~7.08
運用開始1996年

※一部のデータはEASAから

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »