【疑問解決】気になる飛行機の発電能力

現役ジャンボ機長が編み出した超音速勉強法:坂井 優基 著【おすすめの飛行機本 #2】

パイロットは常に勉強と試験の世界。現役ジャンボ機長が編み出した勉強法とは?

 

現役ジャンボ機長が編み出した超音速勉強法

目次

  1. 同じ努力で何倍も速くマスターする
  2. こんな自分でも国際線パイロットになれたワケ
  3. パイロットに必要な『超』能力練習法
  4. 超音速スキルアップの12の戦術
  5. 超音速で英語をマスターする

 

本の内容

著者が『パイロット』になるために編み出した勉強法。

パイロットなってからも月に(平均60時間=4万キロ)は空の上、地上に降りれば一般のサラリーマンと同じように会議の資料作成や後輩の教育やミーティングなど。

自分宛に届く資料は月に4000枚以上、全て飛行に必要な資料や技術情報ということで、一般的な資料とは全く違い1枚1枚全てに目を通して理解する必要がある。

機長としての資格試験や訓練など学生の頃よりも勉強している世界。このように常に時間が足りない状況の機長が編み出した勉強法はまさに画期的で確実にスキルアップできる。

まずは一つ真似してみることから始めよう。

 

航空資料館

キャプテン直伝の超音速勉強法。資格取得で役に立ちました。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(5.0)
メカ的な面白さ
(2.5)
写真・図面の豊富さ
(2.5)
値段
(3.5)
入手性
(4.0)
買うべきか
(4.0)
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »