【360度ビュー導入】⇒ ジャンク部品を自由に鑑賞

【飛行機の本 #69】墜落 第6巻 風と雨の罠|加藤 寛一郎

ハイテク機でも自然の猛威には勝てない。予測不能な突然の気象変化で飛行機はあっけなく墜ちる。

50年間に起きた航空機事故を徹底分析。難解な事故報告書を一般の方でも理解しやすいよう著者:加藤 寛一郎 氏が丁寧に解説。

全10巻で構成されている『墜落シリーズ』、航空機事故を10種類のジャンルに分類。1巻につき4~6の事故事例について概要と原因を説明。著者自身からの論評はあえて控えたとのこと。

航空機事故の研究している方の入門書としておすすめです。

 

航空ファンや飛行機入門者向けに、読みやすく・すぐに役立つ飛行機の本を紹介しています。

 

航空メカニズムに関する書籍を多く紹介しています。よろしければ覗いてみてください。

墜落:第6巻 風と雨の罠

第一章:BOACの707、富士山麓に墜落

・1966年3月5日、BOAC 911便 ボーイング707(G-APFE)が富士山麓を巡航飛行中に墜落した。天候は快晴だったが激しい乱気流に遭遇。激しい突風により瞬間的に7.5gの力が機体に加わり空中分解した。

第二章:ローガン空港の事故、風のシア

・1973年12月17日、イベリア航空 933便 DC-10-30がボストン ローガン空港で着陸に失敗した。向かい風の中、適切な降下角とスピードでアプローチしていた機体。地表に近づくにつれて風向きが変化し急速に追い風となった。

急激な追い風により機体は通常よりも大きく降下、スピードも減少。エンジンのパワーを上げても上昇が間に合わず地面に激突した。

ウインドシアの存在が初めて明らかになった航空機事故となった。

第三章:離着陸機の後流で墜とされた

・1979年1月19日、ビジネスジェットのリアジェット25Dがカウンティ空港に着陸失敗。着陸の直前、同じ滑走路からはDC-9が離陸していた。

DC-9が離陸後、15~16秒経過した後にリアジェットは滑走路末端に到達したが、DC-9の後流渦に巻き込まれ回復操作ができず着陸失敗。

第四章:小さな爆発|マイクロバースト

・1982年7月9日、パンナム 759便 ボーイング727がニューオーリンズ空港を離陸した直後に墜落した。

低層ウインドシアの警報は通報されていた。向かい風に向かって離陸上昇を開始したが、マイクロバーストが作り出したウインドシアに遭遇。急激な向かい風の減少と追い風に変化したことで、機体は対気速度が減少し下降した。

離陸初期段階という対応が困難な状況での遭遇に、機体は上昇することができず樹木に激突した。

 

マイクロバーストとウインドシア
マイクロバーストとは小さな強い下降気流のことで、ウインドシアは水平または垂直方向の風が場所によって変化することをいう。

第五章:ロッキードL-1011 晴天乱気流に突入

・1983年11月24日、エアカナダ965便 L-1011 トライスターが巡航中に激しいタービュランスに遭遇。機体には最大マイナス1.042gの垂直加速度が加わった。これにより機内のミールカートは天井を突き破り、乗客3名・客室乗務員1名が重傷を負った。

機体は積乱雲の頂(かなとこ雲)を通過したと推測された。当時の気象レーダーでは、かなとこ雲が感知できなかっただろうとしている。

第六章:マイクロバーストに遭遇

・1994年7月2日、USエア1016便 DC-9-30がシャーロット国際空港に着陸失敗。

機体はマイクロバーストが予想される雷雨の中に進入。ウインドシアに遭遇したが乗務員の認識が遅かった。回復操作をするも上昇することができず地面に激突した。

どんな人におすすめ?

・この本は、事故事例を報告書に基づき紹介した内容です。概要や事故原因、管制官との無線交信、ボイスレコーダーの内容を時系列に紹介。

著者は自身の論評をあえて控え、一般の方が理解しやすい容易な文章(図)で事実を淡々と解説しています。

論評を期待している方にはあまり向きません。

読んだ人の感想

ヒコぐま

どんなにハイテク機器を装備した最新鋭機でも天気には勝てない。早め早めに探知して避けることは今も昔も変わらない。

 

この本のまとめ
読みやすさ(初心者向き)
(4.0)
メカ的な面白さ
(3.0)
写真・図面の豊富さ
(3.0)
値段
(4.0)
入手性
(4.0)
買うべきか
(4.0)

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »