那覇空港発着 バス情報

【B747・DC-10・A300シリーズ】CF6-50 エンジンのスペック マニュアル ㉜

ダグラス DC-10用に開発され、747クラシックやA300の原動力にもなった GE製 CF6-50エンジン。

C-5 (ギャラクシー)輸送機の TF39 エンジンから受け継がれた高性能なコアを使って、1972年に誕生した。

 

CF6-50の概要

Boeing 747-230B Lufthansa D-ABYL, DUS Düsseldorf (Duesseldorf International), Germany PP1167395857Peter Bakema (GFDL 1.2 or GFDL 1.2), via Wikimedia Commons

CF6-50シリーズ (軍用 F103-GE-100/-101)

CF6-50A
(DC-10-30/30F A300B1/B2 48,400 lbf)
※1972年3月 FAA認証

CF6-50C
(DC-10-30/-30CF/-30F A300B2/B4 50,400 lbf)
※1973年11月 FAA認証

CF6-50C1
DC-10-30 A300B2/B4 51,800 lbf)
※1976年7月 FAA認証

CF6-50C2
DC-10-30 KC-10A A300B2/B4 51,800 lbf
※1978年8月 FAA認証

CF6-50C2B
DC-10-30/-30ER 53,200 lbf
※1979年8月 FAA認証

CF6-50C2D
51,800 lbf
※1988年9月 FAA認証

CF6-50D
DC-10-10 50,400 lbf
※1972年11月 FAA認証

CF6-50E
B747-200B 52,500 lbf
※1973年11月 FAA認証

CF6-50E1
B747-200B 52,500 lbf
※1975年8月 FAA認証

CF6-50E2
B747-200B/-200C/-200F/-300 E-4B 52,500 lbf
※1978年12月 FAA認証

CF6-50E2B
B747-200B 53,200 lbf
※1979年8月 FAA認証

CF6-45A
B747-100SR 45,600 lbf
※1977年7月 FAA認証

CF6-45A2
B747-100SR 45,600 lbf
※1978年12月 FAA認証


General Electric GE CF6-6 High-bypass turbofan engine - NARA - 17447451 (cropped)National Archives and Records Administration, Public domain, via Wikimedia Commons

ファン(FAN)

・ファン直径 86.4 in(2.19 m)、ブレード枚数 38枚、チタン合金製(Ti-6Al-4V)、ミッドスパンシュラウド付ブレード

空力効率の良い翼型、スナバ―形状の見直し、BPR 4.4の高バイパス設計

最大出力時のブレード先端(チップ)速度は470m/s、1秒間に673 kgの空気を一度に吸い込む。

 

CF6-50E2 ファンブレード

低圧圧縮機(LPC)

・軸流式圧縮機(3段)

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(14段)、可変式インレット・ガイドベーン、1~6段まで可変静翼、7~14は固定式静翼

動翼材質:チタン合金(1~7段)、ニッケル基耐熱合金(8~14段)

最大出力時のコアフローは125 kg/s、全体圧力比は30.4に達する。

燃焼室

・アニュラ型燃焼器、前モデルのCF6-6に比べて短縮された燃焼室。

材質はHS18-8に変更。

30本の燃料ノズル、点火装置は2.0Jの高エネルギータイプの高電圧イグナイター

全フェーズで黒煙や煙を最小限に抑える改良が施された燃焼室

 

高圧タービン(HPT)

DC-10に搭載されていたCF6-50C、初期タイプの高圧タービンブレード1段目

・高圧タービンは2段タイプ、前バージョン(CF6-6シリーズ)をベースにデザインが大幅に変更された。

初期型の材質はRene 80だったが、2000年以降の最終改良タイプでは単結晶 Rene N5が採用されたことで耐久性が格段に進化した。

高圧タービンノズル(NGV 1st Stage)

747-200B(CF6-50E2)高圧タービン・ノズルガイドベーン 材質はコバルト基(X-40)

・現代の大型ターボファン・エンジンでは、タービン動翼・静翼ともに同一の材料(例えば単結晶 N5)ということも増えてきたが、この時代はまだ別々の材質が使われていた。

CF6-50シリーズには、現在では数少ないコバルト基(X-40)耐熱合金が使われている。

低圧タービン(LPT)

・4段構成

材質はRene77、全段 無冷却ブレード

最大出力時は4,102 rpm(N1:119.5%)で回転。

定格出力時のガス温度は910℃、離陸出力時(5分間)945℃、最大出力時(レッドライン)960℃

燃料制御

・油圧機械式

アクセサリー

・ギアボックスには、エンジン用の各種ポンプ、スターター、機体側(発電機、油圧ポンプ)が装着されている。

機体用発電機(CSD:60 kVA)1台:定格出力時 250馬力の駆動力が必要

競合エンジン

JT9Dシリーズ

RR RB211-524D

CF6-50 seriesスペック

American Airlines C.R. Smith Museum May 2019 19 (General Electric CF6)Michael Barera, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

General Electric(GE Aviation)
型式 CF6-50 series
搭載機種 747 Classic、DC-10、A300
形式 二軸式 ターボファン・エンジン
構成 1-3-9-1-4
(Fan-LPC-HPC-HPT-LPT)
離陸推力
最大推力 [CF6-50A]
48,400 lbf(A300B1)
[-50C]
50,400 lbf(DC-10-30)
[-50D]
50,400 lbf(DC-10-10)
[-45A2]
45,600 lbf(747-100SR)
[-50E2]
52,500 lbf(747-200B,E-4B)
バイパス比 4.4
ファン圧力比(FPR)
全体圧力比(OPR) 27.1~30.9
ファン空気流入量 1,484 lb/s [-50E2] (673 kg/s)
コア空気流入量 276 lb/s [-50 series] (125 kg/s)
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.371
(T-O時:-50E2)
巡航推力
巡航推力 11,300 lbf
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)

回転数(最大) CF6-50E2 
低圧軸(LP) 4,102 rpm
(119.5%)
高圧軸(HP) 10,761 rpm
(109.5%)
EGT 945℃
LPT NGV1(T5.4)
ファン
ファン直径 2.195 m(86.4 in)
ファン枚数 38 枚
形状 ミッドスパン・シュラウド付
ファンブレード
材質 チタン合金
圧縮機
ファン 1段
低圧軸 3段
高圧軸 14段
燃焼室
燃焼器タイプ アニュラ型
燃料ノズル ー本
燃料制御 油圧機械式
タービン
高圧段 2段
低圧段 4段
サイズ
型式 CF6-50 series
全長 4.64 m
ファン直径 2.195 m
(86.4 in)
重量 4,104 kg
(9,047 lb)
 推力重量比  [-50E2]
5.8
運用開始 1972年

※一部のデータはEASAから


【旅客機】機体&エンジン のスペック集

[CF6エンジンに関連する記事]

⇒CF6 関連の記事一覧

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »