【外気温-50℃】機外の温度を測る仕組み

【B747-400】CF6-80C2 ファンブレード(B767-300 共通エンジン)

・ボーイング B747-400に搭載れていた GE CF6-80C2 エンジンのファンブレード画像や、サイズの比較について紹介します。

 

※画像のエアラインと記事内容は一切関係ありません。

航空資料館

このエンジンは、JALやANAで活躍しているB767-300ER(GEエンジン搭載機)と同じタイプ。離陸サウンドまでそっくりです。

CF6-80C2エンジンについて

B747-400 / 767-300

General Electric CF6-80C2 Engine

FAN BLADE

エンジン概要
型式GE CF6-80C2 シリーズ
最大推力・B747-400(CF6-80C2B1F):57,160 lbf
・B767-300(CF6-80C2B6F): 60,030 lbf
ファン直径2.36 m
ファンブレード長0.78 m
ブレード枚数38枚
ブレード材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
バイパス比5.0-5.3
圧縮機圧力比29.2ー31.3
搭載機種Boeing 747-400、767、MD-11、A300、C-2

CF6-80C2B1F ターボファンエンジン

・1969年、DC-10用として開発がスタート CF6-50シリーズ。後に1975年以降からボーイング B747クラシックのエンジンとしても採用された。1980年以降に入ると、さらなる環境性能・燃費向上が望まれたことからCF6-80シリーズが開発されることとなった。

 

CF6-50シリーズからの移行期エンジンとして、-50シリーズのコアを転用したCF6-80Aを搭載のB767/A310用が1982年に就航開始。本格的に内部コアなど全てを一新したCF6-80C2が1985年に就航開始した。

 

CF6-80C2の燃料消費率は格段に良くなり、CF6-50シリーズと比較して13.5%も向上した。燃料制御もこれまでのアナログからデジタルのFADECによる自動化。整備性・定時出発率も含め全てが格段に進化した。

 

このエンジンは、B747-400だけでなくB767シリーズ、MD-11、A300/A310、C-2など様々な機体に採用され、2020年現在でも多くの航空機で運用されている。

 

推進力の約8割を発生する巨大なファンも大幅に変更。-50シリーズと比べてブレード全長や翼幅、翼型など様々な箇所が改良されている。

 

今回紹介のファンブレードは、バードストライクによりスクラップ処置・廃棄されたものだが、その新品価格は1枚あたり250万円前後ともいわれている。一度の鳥衝突がもたらす被害額は莫大なものとなる。

CF6-80C2 ファンブレードの画像

推力の約80%を発生させる巨大なファンブレードが38枚取り付けられている

バードストライクにより前縁部が大きく損傷

ファンブレードのサイズと重量

・ファンブレードのサイズは下記のとおりです。

エンジン型式General Electric CF6-80C2
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)
全長780 mm
全幅270 mm
重量6,400 g (6.4 ㎏)

※若干の測定誤差はご了承ください。

CF6-50とCF6-80C2の比較

・BOEING 747-200Bに搭載されていた『CF6-50E2』、747-400に搭載されていた『CF6-80C2B1F』のファンブレードの形状を比較した画像がこちら。

 

エンジン型式CF6-80C2B1FCF6-50E2
最大推力57,160 lbf (25.9 t)52,800 lbf (24.0t)
回転数(100% N1)3,280 rpm3,432 rpm
ファン直径2.36 m2.33 m
ファンブレード枚数38枚38枚
ブレードタイプスナバー付き・ファンブレードスナバー付き・ファンブレード
材質チタン合金(Ti-6Al-4V)チタン合金(Ti-6Al-4V)
ファンブレード単体のサイズ・重量
全長780 mm720 mm
全幅270 mm240 mm
重量(ブレード1枚)6,400 g4,600 g
搭載機種B747-400B747-200B

※若干の測定誤差はご了承ください。

 

比較画像 B747 vs B777

CF6の約2倍の推力を発生するGE90
比較画像はB747クラシックとB777-200ERのファンブレードです。左のCF6-50E2(747用)は全長720mm(重さ4.6㎏)に対して、右のGE90-94Bは全長 1,210mm(重さ15.2㎏)となっています。

関連する動画・記事

・CF6エンジンに関連した動画を自動取得しているため、記事内容と違う場合があります。

 

 

この記事もよく読まれています↓

【B747-200B】のファンブレード|CF6-50E2 ターボファンエンジン

 

形状がそっくりな姉妹ブレードの話

【B737-400/-500】CFM56-3C1のファンブレード

航空資料館

コメントにあった『ブレードステージ下の小さなブレード何?』撮影時にファンブレードが自立しなかったので、支えを探していたら丁度良かったのがあの小さなブレードでした…
1+

1 COMMENT

匿名

ファンブレードのステージ下にある小さなコンプレッサーブレードは何を意味しているのですか?

3+
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »